マーベル・スタジオ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』以降の脚本も進行中!キーパーソンはジェームズ・ガン監督

やはり、マーベル・スタジオはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の“次の一手”を計画しているようだ。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけるジェームズ・ガン監督が、新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』以降の作品群がすでに始動していることを明らかにした。

謎に包まれた「フェーズ4」構想

これまでマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、2019年公開『アベンジャーズ』第4作以降のMCU、すなわち「フェース4」がどうなるかは「わからない」という姿勢を貫いてきた。大きな変化があること、そして「フェーズ4」で大きな役割を担うのがピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)であることは示唆しながらも、その具体的な内容は示してこなかったのだ。

しかしガン監督によれば、すでにMCUの「フェーズ4」構想は進められており、脚本作業も進んでいるというのである。ハリウッド・レポーター誌の取材に対して、監督は今後の計画や自身の関わり方をこう話している。

(『Vol.3』以降の)脚本はすでに進んでますよ。ケヴィン(・ファイギ)と僕はいつもその話をしていて、今日もミーティングがありました。キャラクターの続編をどうするのか、すでに登場させたキャラクターを今後の映画でどこに向かわせるのか、話し合っているんです。」

現在、ガン監督はシリーズの完結編である『Vol.3』の脚本を執筆中だ。しかし『ガーディアンズ~』シリーズを超えてファイギ社長の相談役になっているあたり、今やガン監督はMCU全体のキーパーソンとなっているのだろう。ちなみに監督は『Vol.3』の内容について、以前このようにも記していた

「新旧のマーベル・キャラクターを次の10年、さらにその後へ押し出す手助けをします。(MCUの)ストーリーが向かう場所をケヴィン・ファイギやそのチームと一緒に計画する、そのお手伝いをすることになるでしょうね。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)に続く『アベンジャーズ』第4作は、2008年に始まったMCUを総括する“集大成”になるという。ただしその後の作品については、いまだ『スパイダーマン:ホームカミング』続編(正式タイトル不明)と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の2作品しか発表されていない状態だ。

マーベル・スタジオは、そしてガン監督はその後のMCUに何を仕掛けようとしているのか? 続報を楽しみにしよう。

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/james-gunn-guardians-3-marvels-cosmic-plans-1027046
http://screenrant.com/mcu-phase-4-cosmic-movies-scripts-written/
Photo by Solomon203 ( https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Marvel_in_Comic_Exhibition_20140810.jpg ) / Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。