Menu
(0)

Search

『パワーレンジャー』新映画にDC「タイタンズ」脚本家が合流

(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

日本の「スーパー戦隊シリーズ」をベースにアメリカ展開するパワーレンジャーの新ユニバース企画が進行中だ。伝えられていた映画企画とテレビシリーズ企画のうち、映画の方にて脚本家にブライアン・エドワード・ヒルが決定したと米Deadlineが報じている。

ブライアン・エドワード・ヒルはこれまで「死霊のはらわた リターンズ」(2015-2018)やDC「タイタンズ」(2018-)などで脚本やストーリーエディターを手掛けた人物。マーベルやDCなどコミックのライターとしても活躍している。

既に監督には、Netflixドラマ「ノット・オーケー」(2020)「このサイテーな世界の終わり」(2017-2019)ジョナサン・エントウィッスルの就任が発表されていた。

2017年の映画版『パワーレンジャー』は、シリーズの権利を有していた米Saban Entertainmentが製作。「スーパー戦隊シリーズ」の方向性とは異なる、ティーンエイジャーの内面に焦点を当てるダークなテイストで話題を呼んだ。その後、2018年に『パワーレンジャー』の権利は米Hasbroが買収。2019年12月、ジョナサンによるリブート企画を米パラマウント・ピクチャーズが手がけると報じられたが、現在はパラマウントではなくHasbroの傘下企業eOneが製作を担当している。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly