Menu
(0)

Search

『パワーレンジャー』ユニバース始動、リブート版映画とテレビシリーズで ─ 「ノット・オーケー」監督が手がける

(c)2017 Lions Gate TM

日本発「スーパー戦隊シリーズ」に基づく、新たな『パワーレンジャー』ユニバースが進行中だ。リブート版映画シリーズとテレビシリーズの企画が同時に進行しているという。米The Hollywood ReporterVarietyなどが報じている。

『パワーレンジャー』リブート版映画とテレビシリーズを手がけるのは、Netflixドラマ「ノット・オーケー」(2020)「このサイテーな世界の終わり」(2017-2019)のジョナサン・エントウィッスル。プラットフォームを超えて物語が繋がるユニバースの指揮者として、それぞれの作品で監督を務める(各プロジェクトにおける役職の詳細は報じられていない)。

2017年の映画版『パワーレンジャー』は、シリーズの権利を有していた米Saban Entertainmentが製作。「スーパー戦隊シリーズ」の方向性とは異なる、ティーンエイジャーの内面に焦点を当てるダークなテイストで話題を呼んだ。その後、2018年に『パワーレンジャー』の権利は米Hasbroが買収。2019年12月、ジョナサンによるリブート企画を米パラマウント・ピクチャーズが手がけると報じられたが、現在はパラマウントではなくHasbroの傘下企業eOneが製作を担当している。

発表にあたり、ジョナサンは「シリーズを愛し、待ち望んでいる新旧のファンに新たな『パワーレンジャー』をお届けできることを素晴らしく思います」とコメント。「このブランドを成功に導いたアクションとストーリーテリングを活かし、アナログの精神を未来に持ち込みたい」と意気込みを語った。また、eOneの映画部門を統括するニック・メイヤー氏、テレビ部門を統括するマイケル・ロンバード氏は「ジョナサンは真に創造的なビジョンの持ち主」と絶賛し、『パワーレンジャー』ユニバースの始動に喜びの声明を発表している。

ちなみに2019年12月にリブート企画が報じられた際、パラマウントは『パワーレンジャー』をシリーズの原点に立ち戻らせる意向と報じられ、1990年代に飛ばされた子どもたちが現在に帰ろうとする『バック・トゥ・ザ・フューチャー』風のストーリーだといわれていた。このコンセプトは健在か、それともユニバース構想にともなって再検討されているのか。

Sources: The Hollywood Reporter, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly