Menu
(0)

Search

『プレデター:ザ・プレイ』なぜ300年前のコマンチ族の世界を舞台にしたのか?監督が想い明かす 

プレデター:ザ・プレイ
(C)2022 20th Century Studios

プレデター』シリーズ最新作、『プレデター:ザ・プレイ』は300年前、コマンチ族の世界を舞台とした映画だ。本作ではなぜ現代ではなく、1700年代を通して物語が展開されることになったのだろうか。そこにはメガホンをとったダン・トラクテンバーグ監督の熱い想いがあったようだ。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1作目への原点回帰作と伝えられている最新作では、ネイティブ・アメリカンが誇る最強の部族の戦士、ナルがプレデターと狩るか狩られるかの壮絶な戦いを繰り広げる。本作を一足先に鑑賞していた記者からは、「コマンチ族の伝統に支えられた、深く個人的な旅が描かれているのが素晴らしかったです」と称賛されており、コマンチ族の世界を物語の中心として描いたことこそが、映画を成功に導いた要素のひとつと言えるだろう。

過去を舞台としたのは、ネイティブ・アメリカン、さらにいうとコマンチ族という映画の中心としては決して観ることのできない人たちを主人公にした作品を作りたかったからです」と、Film Updatesに取材で明かす監督のダン・トラクテンバーグ。監督いわく、ネイティブ・アメリカンが登場する映画といえば、カウボーイ・ジャンルや西部劇が一般的であり、1800年代を舞台にした作品が多いとのこと。あまり映画で焦点が当てられることのない部族に深く切り込みたいという想いから、トラクテンバーグ監督はそれよりも前の時代までさかのぼりたいと思い、コマンチ族の最盛期を描くことにした」そうだ。

“生きるために狩りをする人類”、“狩りをするために生きるプレデター”。狩るか狩られるかの血みどろな戦いはもちろん、コマンチ族に迫る物語も本作の見どころのひとつだ。

なお、最恐の地球外生命体と死闘を繰り広げる主人公ナルにキャスティングされたのは、ネイティブ・アメリカンの血を引く俳優、アンバー・ミッドサンダー。「レギオン」(2017−2019)や『アイス・ロード』(2021)で注目を集めた彼女が、誇り高い戦士を体当たりで演じており、「スクリーンを支配していました」とその演技が絶賛されている

映画『プレデター:ザ・プレイ』は、ディズニープラス「スター」にて独占配信中。

Source:Film Updates

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly