Menu
(0)

Search

米オークション、『スター・ウォーズ』アナキン&オビ=ワン対決時のライトセーバー&ドロイドなど出品へ ─ 『インディ・ジョーンズ』『ターミネーター』ほか

prop store
https://youtu.be/iQorNLNTtto

スター・ウォーズ』『ターミネーター』『ハリー・ポッター』など、ハリウッドの名作映画で使用された豪華アイテムの数々が、米ロサンゼルスで開催されるオークションに出品される。

オークション企画を主催するのは、ロサンゼルスとロンドンに拠点を置く米Prop Store。1998年から20年以上にわたってハリウッドの名作で使用された小道具の数々を出品してきた。過去には『トップガン』(1986)でトム・クルーズが着用したボンバー・ジャケットや、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)でレオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットが乗車した車などが出品されている。

このたび出品されるアイテムの数は1,300品以上。目玉商品としては、『ハリー・ポッター』シリーズ主演のダニエル・ラドクリフが『ハリー・ポッターと死の秘宝』2部作で使用した杖と丸眼鏡や、『ターミネーター2』(1991)で主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが着用したライダージャケットなどが登場する。

さらに『スター・ウォーズ』シリーズからは、主催側発表の推定落札額のなかでも高額に属するアイテムが複数登場。レイア役の故キャリー・フィッシャーが『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)で使用したメモ書き付きの脚本と、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)でアナキン・スカイウォーカー役のヘイデン・クリステンセンとオビ=ワン役ユアン・マクレガーの決闘シーンで使われライトセーバーがそれぞれが3万〜5万ドル(330〜550万円相当)、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)の遠隔操作ドロイドが8万〜12万ドル(870〜1,300万円相当)の範囲で予想されている。

また、これらを上回り、『インディ・ジョーンズ』シリーズで主演を務めたハリソン・フォードが被ったお馴染みの中折れ帽子が、15〜25万ドル(1,600〜2,700万円相当)の推定落札額として発表された。いずれもコレクターの所有欲をそそる品々だ。

イベント期間は2021年6月29日〜7月1日(米国時間)の3日間。当日の入札はオンラインまたは電話にて世界中から可能。ライブ・ストリーミング配信にてオークションの様子が中継されるという。詳しい情報は公式サイト(英語)で確認してほしい。

あわせて読みたい

Source: Propstore,THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly