Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ/MoM』サム・ライミ監督、「MCU映画は数本しか観ていない」と意外な告白

サム・ライミ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14586845507/

トビー・マグワイアが主演を務めた『スパイダーマン』3部作でメガホンをとり、およそ15年ぶりに『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でマーベル映画にカムバックするサム・ライミ監督。マーベルと縁が深い印象を受けるライミだが、それほどマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品には詳しくないようだ。

この度、米Fandangoのインタビューに応じたライミが、『アイアンマン』(2008)以降のMCU作品について、どれぐらい知識があるのかと質問されたところ、意外な答えを返している。

「少し長くなるので、2つのパートに分けてお答えしますね。私は、『アイアンマン』第1作目、最初の『アベンジャーズ』、『ブラックパンサー』と『ドクター・ストレンジ』、そしてほかの映画の短い映像は観ています。マーベルは28作品も製作しているんですよね。私は4~5本しか観ていないので、それほど馴染みがありません。これがパート1です。ちなみに、観た映画はとても気に入りました。ただ、それほど詳しいわけではありません。」

MCU映画は数本しか観ていないと告白したライミだが、『マルチバース・オブ・マッドネス』の前作『ドクター・ストレンジ』(2016)は、しっかり観賞して予習をした模様。そして“パート1”を説明した監督は、“パート2”として説明を続けている。

「ではパート2になりますが、私は70年代と80年代、そして90年代にかけてのマーベル・コミックスの大ファンだったんです。ですからキャラクターやその物語、彼らの関わり合いについてはすごく詳しかったんですよ。マーベル映画はコミックスを下敷きにしていますからね。それが私の答えです。」

久々にライミがマーベル映画にカムバックする『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日(水・祝日)に日本公開。ライミ監督のコミック愛と、得意のホラー・テイストあふれる演出に期待したい。

Source:Fandango

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly