Menu
(0)

Search

サム・ライミ、『ドクター・ストレンジ』でマーベル映画復帰の心境は ─ 『スパイダーマン3』は「本当にひどい経験だった」

サム・ライミ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14586845507/

『死霊のはらわた』で知られる映画監督サム・ライミのキャリアは、2022年にひとつの到達点を迎える……とは、少々言いすぎだろうか。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』は、『スパイダーマン』3部作を手がけたライミにとってスーパーヒーロー映画への復帰作であり、ホラー監督としてのスキルも存分に発揮できる一作。ヒーロー映画史においても、ひとつの節目を迎えるような感慨がある。

では、『スパイダーマン3』(2007)から15年ぶりとなるヒーロー映画を手がけるライミ自身は、『ドクター・ストレンジ』への就任をどう受け止めていたのだろうか。米Colliderでは、かつての苦々しい記憶を率直に明かしている。

(ヒーロー映画に)もう一度立ち向かえるとは思いませんでした。『スパイダーマン3』の監督が本当にひどい経験だったからです。ネットが炎上して、あの映画を毛嫌いする人たちが、そのことを僕に知らせてくる。思い出すのもつらかったですね。だけどその後、『ドクター・ストレンジ2』の話が来ていることがわかりました。エージェントから電話があって、“マーベルが監督を探していて、あなたの名前が出ています。興味はありますか?”と。それで、今でもやれるかどうかを考えました。」

ライミの復帰は多くのファンに受け入れられた感があるが、本人の中には大きな葛藤があったのだろう。オファーを受けた理由について、「(ヒーロー映画は)本当に大変な仕事だし、そういうタイプの映画。だけど、理由はそれで十分だと思ったんです」と答えている。ライミの挑戦心に火がついた、ということだろうか。

ちなみに、ライミは前作『ドクター・ストレンジ』(2016)も大いに気に入っていたそうで、「スコット・デリクソン(監督)が素晴らしい仕事をしてくれたから、“やろう”と言いました」とも語っている。「彼らはキャラクターを最高の場所に導いてくれました。僕は“またスーパーヒーロー映画を作るぞ”という考え方ではなく、たまたまヒーロー映画だったという気持ちでした」。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly