Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ』ゴースト役女優、女性ヒーロー映画『レッドソニア』リメイク版で主演

ハナ・ジョン=カーメン
Photo by joyparris https://vimeo.com/277816327

1985年のアクション映画『レッドソニア』のリメイク版映画(タイトル未定)の主演に、『アントマン&ワスプ』(2018)で悪役ゴーストを演じたハナ・ジョン=カーメンが決定した。米The Hollywood Reporterが報じている。

レッドソニアとは、ロバート・E・ハワード著「英雄コナン」シリーズを原案とする短編作品に登場するキャラクター。1973年にはマーベル・コミックにも登場した剣使いのスーパーヒロインだ。1985年にはブリジット・ニールセン主演、アーノルド・シュワルツェネッガー共演でハリウッド映画化が実現している。

レッドソニア
Photo by Ed’s Toy Box https://www.flickr.com/photos/edwicks_toybox/21517052753/

80年代の女性ヒーローが35年以上の時を越えて蘇るリメイク版で主演に抜擢されたカーメンは、マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アントマン&ワスプ』で悪役を務めた。本作ではヴィランから一転、正義のヒロインを演じることになる。

メガホンを取るのは、「トランスペアレント」(2014-2019)ジル・ソロウェイ。脚本は「ウィッチャー」の前日譚ドラマ「The Witcher: Blood Origin(原題)」や『トゥームレイダー』の新作Netflixアニメを手がける新鋭ターシャ・フオが執筆する。製作には、『大脱出3』(2019)のマーク・キャントンや、2000年代の映画『ダンジョン&ドラゴン』シリーズを手がけたコートニー・ソロモンらが就任している。ちなみに2018年当時、監督には『X-MEN』シリーズを手がけたブライアン・シンガーが契約交渉中にあったが、自身の性的暴行疑惑を受けて降板していた。

このたびの発表を受けて、ソロウェイ監督は「ハナは私たちがこの数年間注目してきたとても才能ある役者です。彼女こそがレッドソニアです」と太鼓判のコメントを出した。「彼女が持つ領域や感性、強みは、すべて私たちが求めてきたもの。一緒に冒険へ出ることが出来るなんて、これ以上のワクワクはありません」と興奮を伝えている。

カーメンは『アントマン&ワスプ』のほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)や『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(2018)『レディ・プレイヤー1』(2018)など、立て続けにハリウッドの大作に出演を重ねてきた。「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)や「BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド」(2020)など、テレビドラマにも出演し、幅の効いた演技が高く評価されている。次回作は『バイオハザード』シリーズのリブート版映画『Resident Evil: Welcome to Raccoon City(原題)』。メインキャストのひとりを演じる。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly