Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」最終話、ドクター・ストレンジの登場が計画されていた ─ ベネディクト・カンバーバッチ、出演契約結ぶも実現ならず

ドクター・ストレンジ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズワンダヴィジョン(2021)の最終話に、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジを登場させる計画があったことがわかった。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長らが、米Rolling Stoneにて明かした。

この記事では、「ワンダヴィジョン」最終話『シリーズ最終回』の内容に言及しています。

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

もともと「ワンダヴィジョン」は、『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』に直結するシリーズだと明言されてきた。ワンダ・マキシモフが魔術の力を強めていき、スカーレット・ウィッチと呼ばれるまでの経緯には、“至高の魔術師”ドクター・ストレンジが関わってくる余地が多いにあったのである。

実際のところ、ストレンジ役のカンバーバッチは、「ワンダヴィジョン」最終話への出演契約を結んでいたという。しかし、のちにこの計画は実現されないこととなった。

「“ドクター・ストレンジが出てきたら最高だったのに”と言う人はいるかもしれませんが、それではワンダが脇に回ってしまう。そういうことはしたくなかったし、シリーズの最後を次の映画のための商品にしたくもなかったんです。白人男性が出てきて、“力の使い方を教えてあげよう”みたいなんてね。」

脚本・製作総指揮のジャック・シェイファーは、「ワンダヴィジョン」においてドクター・ストレンジが重要な役割を担う可能性があったことも認めている。物語の合間に挿入されるコマーシャルがストレンジからワンダへのメッセージになっていて、ストレンジがその中に登場するという案もあったというのだ。これが採用されなかったということは、早めの段階でストレンジの登場は断念されていたと考えられる。

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

ところでストレンジ役のカンバーバッチは、以前、ストレンジの出番がなかったことにガッカリしたファンに謝りつつ、「これから全部やって来ます」と予告していた。なにしろ出演契約まで結んでいたわけだから、カンバーバッチ自身は何らかの経緯を知っていた可能性がある。ちなみに、「ワンダヴィジョン」にストレンジを登場させないという判断によって、『ドクター・ストレンジ』続編の脚本はリライトが行われたということだ。

ワンダ役のエリザベス・オルセンは、「ワンダヴィジョン」ラストのワンダについて「彼女は誰にも見つからない場所に向かった」と述べている。いわく、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の後にワンダが起こした出来事については、「彼女は自分の責任を理解しているし、とてつもない罪悪感を抱えていると思います」。贖罪が行われるとしたら、それは『ドクター・ストレンジ』続編で描かれることになるのだろう。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」は配信中。映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)は2022年3月25日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Rolling Stone

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly