Menu
(0)

Search

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』バリー・バートンは登場しない ─「これはネタバレではありません」と監督

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザード』の原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(2022年1月28日に日本公開)では、オリジナルゲームの一作目と二作目に焦点を当てた物語が描かれるだけでなく、クリス&クレア・レッドフィールドをはじめ、ジル・バレンタイン、アルバート・ウェスカー、レオン・S・ケネディらシリーズのメインキャラクターたちが勢揃いする。しかし、バリー・バートンは残念ながら映画版には登場しないようだ。

本作の舞台は、アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。T-ウィルスによりラクーンシティが爆心地と化し、クレア&クリスらがアンブレラ社の秘密の人体実験に迫っていく。公開済みの場面写真では、ジルをはじめ、ウェスカー、クリス、そしてブラッドが、『バイオハザード』一作目の舞台である洋館を探索する姿が捉えられていた。しかし、そこにバリーの姿はない。ゲームにおけるバリーは、「S.T.A.R.S.」アルファチームのメンバーで、クリス編では冒頭の洋館に逃げ込む際に登場して以降は消息不明となるが、ジル編ではジルのパートナーとなる。

バリーは残念ながら本編に登場する機会を与えられなかったようだが、その予定自体はあったという。Comicbook.comのインタビューにて、メガホンをとったヨハネス・ロバーツは「バリーは脚本の中に存在しました」と説明。ロバーツいわくバリーについてはネタバレではないとした上で、「バリーは映画には登場しません。バリーファンのみなさん、ごめんなさい」と謝っている。もちろん、オリジナルゲームのファンであるロバーツにとっても、それは苦渋の決断だったに違いない。

ロバーツは「バリーは映画には出てきません」とあらためて否定しながらも、「バリーのことを心配する必要はありません。彼は待機していますから」と、映画の世界のどこかに存在することを示唆している。続編が仮に製作された場合、バリーが何らかの形で登場することを祈るばかりだ。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

あわせて読みたい

Source: Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly