Menu
(0)

Search

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』あの敵は登場せず ─ その理由を監督が明かす

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザード』の原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が日本公開に先駆けて、2021年11月24日より米国公開される。この度、『バイオハザード2』『バイオハザード RE:2』でおなじみのキャラクター、ミスターXことタイラントが本作に登場しないことが判明した。

ゲームに忠実な映画化として注目を集めている本作の舞台は、アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。T-ウィルスによりラクーンシティが爆心地と化し、クレア&クリス・レッドフィールドらがアンブレラ社の秘密の人体実験に迫っていく。ふたりのほかには、ジル・バレンタインやアルバート・ウェスカー、レオン・S・ケネディらゲームのメインキャラクターたちが登場する。

本作で監督を務めたヨハネス・ロバーツはもともとゲームのファンであり、『バイオハザード』の1作目をはじめ、『バイオハザード RE:2』が本作に多大な影響を与えたことを過去に明かしていた。しかし、同作で主人公たちを容赦なく追いかけ回したタイラント、ミスターXは登場しないのだという。Comicbook.comのインタビューにてロバーツ監督は、ミスターXを映画に登場させる計画が存在していたと認めながらも、「その方法が見つかりませんでした」と実現に至らなかった理由を説明している。「ただ好きな場面を使うのではなく、映画としてきちんと成立させなければならないのです」。

ミスターXは残念ながら本作に登場しないようだが、ゲームと映画版の比較動画やすでに公開されているふたつの予告編(1,2)から見てわかるように、クレアとクリスらといったメインキャラクターたちの登場だけでなく、ゲームファンが喜ぶであろう要素はたくさんありそうだ。「運転手が食べているハンバーガーからトラックのデザインまで、すべてのフレームにゲームのディテールが盛り込まれています。スペンサー・マンションやラクーンシティ警察署も原作の仕様に合わせて再現しました」。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly