Menu
(0)

Search

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』監督、クリスの素手で岩を落とす場面に興味あり

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザード』の原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が日本公開に先駆けて、2021年11月24日より米国で封切られた。オリジナルゲームに忠実な映画化である本作の監督を務めたのは、『海底47m』シリーズのヨハネス・ロバーツ。ゲームをこよなく愛する監督は、本作の主人公のひとりであり、ゲームシリーズのメインキャラクターのひとりであるクリス・レッドフィールドを、“ゴリス化”することに興味があるのかも?

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』を製作するにあたり、『バイオハザード』シリーズの1作目をはじめ、『バイオハザード RE:2』が多大な影響を与えたことを過去に明かしていた監督。そんな本作では、クリス&クレア・レッドフィールドをはじめ、ジル・バレンタイン、アルバート・ウェスカー、レオン・S・ケネディらシリーズのメインキャラクターたちが勢揃いし、アンブレラ社の秘密の人体実験に迫る物語が描かれる。

『バイオハザード』が映画として再始動した現在、気になるのは続編が製作されるのか否かだろう。現時点で続編企画が発表されているわけではないが、ロバーツ監督は意欲的な姿勢を示している。ComicBook.comのインタビューにて監督は、続編の可能性について話す中で、ゲームシリーズへの愛を語った。「4作目に僕は心を奪われています。『バイオハザード CODE:Veronica』が大好きです。少し変わったユニバースみたいなものですけど。『バイオハザード7』はとにかく恐ろしくて。『バイオハザード』の世界には興味深いものがたくさんあるわけなんですよ」。

ロバーツ監督は続けて、ゲームファンのあいだで賛否両論を招いた場面への興味を示した。「クリス・レッドフィールドが岩を殴る場面も必要ですよね。とにかく入れたいものがたくさんあるんですよ」。これはゲームファンにはおなじみのシーンで、『バイオハザード5』にてクリスが巨大な岩を素手で殴り、溶岩に落とすところのことだ。『バイオハザード5』までのクリスはスマートに引き締まった体つきだったが、同作では徹底的な肉体改造を経て、似ても似つかぬほどの肉体を手に入れていた。その変わり果てた姿から、ネタでゴリスと呼ばれるようになったのである。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

Source:ComicBook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly