Menu
(0)

Search

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』2022年1月28日に公開決定 ─ 劇場版予告編も到着

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザード』の原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が2022年1月28日(金)に日本公開されることが決定した。

先日第一弾の予告映像が公開されるや、原作ゲームに類似するシーンの登場や、ホラーアクションとしての恐怖と臨場感に早くも「バイオハザード」ファンを熱狂させ話題沸騰となっている本作。この度、日本公開日の発表にあわせて、日本版ポスターと劇場版予告も新たに到着している。

舞台となるのは、巨大複合企業・アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、アンブレラ社がある事故を起こしたことをきっかけに、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへ戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)は、クレアの言うことをありえない陰謀論だとあしらうが、やがてふたりは街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。住民たちが次々と襲い掛かってくる中、ふたりはアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

公開された日本版ポスターでは、巨大複合企業・アンブレラ社のロゴを背景に、クレア(カヤ・スコデラリオ)、クリス(ロビー・アメル)、ジル(ハナ・ジョン=カーメン)、ウェスカー(トム・ホッパー)、レオン(アヴァン・ジョーギア)の5人が勇ましく佇み、さらには、“「絶望は」この街で産声をあげる”というコピーが。ここラクーンシティで起きた一夜の出来事が、全ての悲劇の始まりとなったことを示唆する。アンブレラ社が秘密裏に行っていた人体実験。そして街中に溢れる、変わり果てた姿の住民たち。1998年9月30日、この日、このラクーンシティで一体何が起こったのか。同時公開された劇場版予告のラストでは、「人体実験」「研究」「拡散」「機密」「漏洩」……など、それを紐解くカギと思われるキーワードが散りばめられ、次なる展開を期待させる内容となっている。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly