Menu
(0)

Search

【インタビュー】『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』クリス役、『CODE:Veronica』映画化に興味津々 ─『ヴィレッジ』は「少しあとに」

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
Robbie Amell and Kaya Scodelario in Screen Gems Resident Evil Welcome to Raccoon City.

バイオハザード』ゲームシリーズの原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が2022年1月28日についに日本上陸する。

アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティが舞台となる本作。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは、アンブレラ社がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていることに気付き、ラクーンシティへと戻ることに。ラクーン市警の兄、クリス・レッドフィールドはクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがてふたりは街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。ふたりはアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

メインキャラクターのひとりであるクリス役を演じたのは、ロビー・アメル。ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)「アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~」(2020)をはじめ、『ザ・ベビーシッター』シリーズなどで知られる気鋭の俳優だ。この度、THE RIVERはロビー・アメルのグローバルジャケットに参加した。『バイオハザード』ゲームシリーズのファンだというロビーが語る本作の魅力とは?

この投稿をInstagramで見る

Robbie Amell(@robbieamell)がシェアした投稿

『バイオハザード』シリーズの思い出

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY

──『バイオハザード』との思い出について教えてください。

あの若さからやるべきではありませんでした。地下室で暗闇のなかプレイしていて、犬が窓から飛び込んでくる場面は本当に怖かったです。25年間に渡り僕の記憶の中に刻まれています。

──ゲームシリーズのファンであるわけですが、メインキャラクターのクリス役の依頼が来たときはいかがでしたか?

エージェントから電話を貰って、“『バイオハザード』の製作陣と話し合っているところで、とりあえず脚本を送ります。監督と会いたい場合は教えてください”と言われました。“会いたいです”と答えると、“まずは脚本を読んでみますか?”と言われたので、“もちろん脚本は読みますけど、答えはすでに決まっています。イエスです”と返しました。

そしたらミーティングを開いてもらうことになりました。その前に脚本を読んだのですが、その内容は幸運にも大変素晴らしいもので。『バイオハザード』と『バイオハザード2』の映画化で、僕にとってはとても興奮するものがありましたよ。

──監督のヨハネス・ロバーツとのミーティングはいかがでしたか?

ZOOMで会うことになりまして、ゲームについて1時間ほど語り合ってから、監督による脚色や映画の雰囲気、撮影方法、イースターエッグ、カメラアングルまで話しました。それで最後に監督が、“この映画を君と一緒に作りたいので、また連絡します”と言って切られました。話が終わったあと、“ZOOMで映画の出演を決めたのか”と信じられない気持ちになって、“起用されたかもしれない”と妻に伝えたら、“すごい!”と驚いていましたね。

──ゲームにかなり忠実に作られた作品なわけですが、シリーズを全く知らない方でも楽しめる映画だと思いますか?

ゲームをプレイしたことがある方であれば、その出来栄えに衝撃を受けるでしょう。ただ、ゲームをプレイしていなくても、本作はオリジン・ストーリーのため、この世界への入り口として素晴らしい作品になっているはずです。『バイオハザード』がこれほどまでに世界的に人気を博しているのには理由があるので、この映画を通して、さらなるファンを獲得できればと思います。映画を観て気に入れば、ゲームはもちろんのこと、ほかの映画だってありますし、いろいろなところからシリーズを味わうことが出来ますから。不可能なことではありますが、僕自身、『バイオハザード』を全く知らないところやり直したいと思っています。

映画化希望の作品、ウェントワース・ミラー版との差別化

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
(L to R) Tom Hopper, Chad Rook, Hannah John-Kamen, Robbie Amell in Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY

──クリスはさまざまなゲームに登場しますが、続編の可能性に期待を込めて、映画化に興味がある作品はありますか?

このことについてヨハネス監督と昨日話をしていました。『バイオハザード CODE:Veronica』『バイオハザード4』の映画化に監督が興味があるという記事を見かけたので。それが実現したら最高だと思いました。ヨーロッパで撮影するとか、規模が拡大することには興奮しますから。ただ、クリスをこの映画で演じられて本当に楽しかったのと、ヨハネス監督に完全なる信頼を置いているので、彼がやりたいことであれば僕は絶対に乗りますよ。

──最も好きな作品はどれですか?

『バイオハザード CODE:Veronica』は本当に素晴らしいです。ヨハネス監督と話してから、間違いなく映画化したら楽しい作品だと思ったので。もう少し歳を重ねていたら、『バイオハザード ヴィレッジ』でのクリスを演じてみたいです。全く違う感じですから。ただ、僕が演じられるようになるまでには、あと数年かかるでしょう。

──『バイオハザードIV アフターライフ』(2010)ではウェントワース・ミラーがクリス役を演じていますが、彼と差別化を図るために何か工夫はなされましたか?

そういう感じではありませんでした。僕はウェントワースのファンです。彼は俳優として、脚本家として、一人の人間として素晴らしい方です。彼が演じたクリス・レッドフィールドはとにかくクールでした。僕らの映画は、彼が出演してた作品とは少し違っていて、それこそ雰囲気が少しばかり異なるでしょう。だから、僕自身が知っているゲームのクリスをはじめ、ヨハネス監督が脚本に記した要素を取り入れるようにしました。それがとても僕の中で馴染みましたよ。

ゲーム少年から父親へ

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
(LtoR) Robbie Amell, Chad Rook, Hannah John Kamen, and Tom Hopper in Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY

──顔だけでなく身体そのものまでもがクリスにそっくりでした。コロナ禍での肉体作りは大変だったと思いますが、どのようにトレーニングを行ったのでしょうか?

当時、1歳の子供がいました。2歳になったところですが、かなり大きな赤ちゃんだったので、一緒に歩いたり、スクワットやランジをしたり、少し投げてみたり、それからウェイトを持って行ったりと、可能な限り体型を維持できるようにしました。とにかくゲームのクリスから掛け離れないようにしたのです。それとトム・ホッパーはフィットネスにかなり詳しくて、トレーニング方法について少し話をしました。セットにあったサンドバッグでちょっとトレーニングもしました。クレイジーなことは何もしてしていないですが、身体的には万全な状態だったと思います。

──いつの日かお子さんと一緒に、『バイオハザード』のゲームをプレイしたいと思いますか?

もちろん。今でも僕はゲーマーで、『バイオハザード4 VR』のコードを手に入れました。Oculus Questでやってみようと思っています。凄いという評判は聞いています。だから、ビデオゲームを息子と一緒にをする日は間違いなく訪れるでしょう。8歳のとき、『バイオハザード』をはじめてプレイしたのですが、子供には同じ歳ではやらせないかもしれません。僕の場合、両親が共働きだったので、あまり監視の目がなかったですけど。ただ、ゲームを自分の子供と共有できるのは楽しみです。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly