Menu
(0)

Search

ヒップホップ界の新スターは誰だ、Netflix発オーディション番組「リズム+フロー」 ─ カーディ・B、チャンス・ザ・ラッパー、T.I.が審査員

https://www.youtube.com/watch?v=fMg_vK67ZjE

ヒップホップ界の新スターを発掘する、Netflix発のオーディション番組「リズム+フロー」の米国版予告編が公開された。審査員は「I Like It」などで知られる“新女王”カーディ・B、チャイルディッシュ・ガンビーノやケンドリック・ラマーに並んで語られる最重要人物チャンス・ザ・ラッパー、そして『アントマン』シリーズなど俳優としても活躍するT.I.が担当する。


「クリエイティビティに設計図はない」「このストリートにヒップホップの次なるセンセーションがある」「音楽の歴史を作るんだ」。このたび公開された米国版ティザー映像では、審査員たちが本シリーズに掛ける熱意がストレートに語られている。ロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタ、シカゴの4都市から参加者を探し、新たな才能を発掘、いまだ世に出ていない才能を支援するプロジェクトなのだ。

シリーズは全10話で構成されており、2019年10月9日を皮切りに、3週にわたって随時配信される。従来、Netflixは自社製作によるテレビ作品を全話一挙配信する方針を基本としてきたが、近ごろ配信のスタイルを多様化させつつあり、本作もそのうちのひとつとなっているというわけだ。10月9日には「オーディション編」として第1話から第4話、10月16日には「サイファー、ラップバトル&ミュージックビデオ編」として第5話~第7話、そして10月23日には「サンプル、コラボレーション&フィナーレ編」として第8話~第10話が配信される予定となっている。

果たして3人は、米国のヒップホップ界を背負って立つ新スターを発掘することができたのか。シリーズの終わりに、私たちはどんな才能と出会うことになるのか。Netflixの新たな試みに注目したい。

Netflixオリジナルシリーズ「リズム+フロー」は2019年10月9日より全世界独占配信

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly