Menu
(0)

Search

ワケわからん映画『ロボット2.0』VFXショット数、『キャプテン・マーベル』より多かった ─ 何度観てもワケわからん

ロボット2.0

何度観てもワケわからんけど面白いと話題のロボット2.0がすごい。インド最強映画と呼んで過言ではない本作、なんとマーベル映画『キャプテン・マーベル』を超えるVFXショットを誇るという(『キャプテン・マーベル』2,124ショット、『ロボット2.0』2,150ショット)。

それもそのはず、この映画のワケわからんアクションを支えているのが、『アベンジャーズ』シリーズや『インターステラー』(2014)等を手掛けるVFX製作会社「ダブル・ネガティブ」を中心とした25社・3,000人もの技術スタッフたち。インド映画史上最高となる製作費90億円を費やし、予想不可能&奇想天外すぎるアクションをアカデミー賞受賞経験もある精鋭たちが、おふざけ無しに、かつ大真面目に迫力ある映像を作り上げている。

世界最強おじさんロボット・チッティ(ラジニカーント)が、超絶美人に失恋したことをキッカケに、冷酷なターミネーターと化し、全人類を巻き込んだ壮絶な戦いから8年…。すっかり平和を取り戻したかに見えた世界に、新たな危機が襲いかかる…。

ある日突然、インドの街中からスマホが次々に消えさる事件が発生し、次々に人々に襲い、インドは再び大パニックに。意思を持ったスマホの大群はついには巨大な怪鳥に合体し、さらにインド全土をパニックに陥れる。出撃した軍隊すら全く歯が立たない状況の中、街は大混乱に陥り国家が崩壊の危機に。ロボット工学の権威であるバシー博士(ラジニカーント)は、一度は解体したチッティを復活させることを決意する。そんな国家の危機を救うため、チッティが、”2.0”にパワーアップして再起動。

『ロボット2.0』は、2019年10月25日(金)より公開。

 

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly