Menu
(0)

Search

マーベル『シャン・チー』MCU恒例のアレが登場、「最後まで席にいて」と監督

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

マーベル・スタジオ最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)恒例、あのシーンが登場するという。監督を務めるスティン・ダニエル・クレットンが予告している。

MCUでは、エンドロール終了後に登場する“ポストクレジットシーン”が名物となっており、ほとんどの映画作品で次作のストーリーに繋がるようなワンシーンが描かれてきた。MCUの新ヒーロー、シャン・チーを主人公とする本作でもMCUの伝統は引き継がれるようで、米Fandangoよりポストクレジットシーンの有無を訊かれたクレットン監督は次のように答えている。

観客はほぼ間違いなく最後まで席にいるべきです!

監督が言及したのはこの一言のみだが、『シャン・チー』のストーリーから繋がっていくことになると予想できるMCU作品は、少なくとも2つ挙げられる。ドラマシリーズ「シーハルク」と映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』(ともに原題)だ。なぜなら『シャン・チー』の予告編には、この2作品とそれぞれ関係しているであろう『ドクター・ストレンジ』でおなじみのウォン(ベネディクト・ウォン)と、ハルクと同等の能力を持つ怪物アボミネーションの姿が捉えられているからである。『インクレディブル・ハルク』でアボミネーションを演じたティム・ロスは、「シーハルク」でMCU復帰を果たすことが判明済みだ。

もしくは、『シャン・チー』で初登場を果たした新キャラクターの今後がポストクレジットシーンで示唆される可能性も大いにある。殊に、マーベル・スタジオの新時代を築く新ヒーローと言われる主人公シャン・チーはMCUでの更なる活躍も見込まれているため、今後の動向に関するヒントが描かれる、なんてこともあるだろう。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日(金)全国公開。

Source: Fandango

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly