Menu
(0)

Search

【インタビュー】『シャザム!』マーク・ストロングが語るドクター・シヴァナの「悪のルール」 ─ 遂に「つよし」の愛称も認知

シャザム!
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ついに「つよし」の愛称が御本人公認に?

DCコミックス原作映画史上、最も笑えて明るくて楽しい傑作『シャザム!』が、2019年4月19日より待望の日本公開となる。


THE RIVERでは、本作のヴィランとして登場するドクター・シヴァナ役のマーク・ストロングに電話インタビュー。『キングスマン』シリーズなどで大人気のマークは、その紳士な人柄が電話でもはっきりと伝わるほど。ひとつひとつの質問に、ゆっくりと丁寧に答えてくれた。

マーク・ストロング、日本にいた

ところで筆者はこの日、「マーク・ストロングへの電話インタビュー」と聞いて、てっきりロンドンかどこかにいるマークと国際電話を繋ぐものと認識していた。ところが直前、日本のスタッフさんより「マークさん、今日本にいらっしゃるそうです。」えぇっ?「『シャザム!』の米国公開を無事に終えて、今はオフで日本に来ているんですって。」そういえば、2017年末にもプライベートで日本に遊びに来ていたという話もあったな…。驚いているうち電話が繋がり、「ハーイ!」とマークが出てくれた。

── マークさん、始めまして。今聞いたところなんですが、日本にいらっしゃるんですか?

日本にいますよ!今は長崎にいます。

── 長崎!そのまま東京にも遊びに来て、ジャパンプレミアやりましょうよ!

今すぐにでも行きたいですね!東京も大好きですから。2017年に訪れた時、とても素晴らしい時間を過ごせて、もう一度日本に行きたかったんです。今回はどこか違うところに行きたくて。僕、旅行が好きなんです。

ドクター・シヴァナは「ちゃんと怖く」

── では、『シャザム!』のお話をしていきますね。マークさんにとってDCコミックス原作映画への出演は『グリーン・ランタン』(2011)以来2度目となりますが、前回との違いは感じますか?

違いはあると思いますね。前回僕が演じた『グリーン・ランタン』のシネストロはハル・ジョーダンのボスで、ヴィランになることがありませんでした。本当は続編で戻ってくる案があったのですが、その続編が立ち消えになってしまって。だから『シャザム!』のドクター・シヴァナ役は、その引き続きって感じですよ。ついにDCヴィランになれた!

シャザム!
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

── 先日、『シャザム!』監督のデヴィッド・F・サンドバーグにもインタビューできたのですが、「子どもたちを程よく怖がらせたかった」と仰っていました。スーパーヴィランとして、世界中の子どもたちを怖がらせるのは楽しかったですか?

そうですね。スーパーヴィラン役の楽しいところは、みんなを怖がらせられるところでしょう。子どもって怖がるのが好きなんだと思っています。スピルバーグの映画を見てみると、たとえば『グレムリン』もそうですが、けっこう怖いシーンがありますよね。だから監督とは、シヴァナはちゃんと怖くしようねって話していました。子どもたちや誰もが、シヴァナはシャザムの敵だとハッキリ認識できるようにするためです。敵役っていうのは怖いもので、だからこそヒーローが真っ当であることが際立つんですよね。

── ドクター・シヴァナの衣装やルックについても教えてください。いかにも悪役って出で立ちですよね。

シャザムのコスチュームはちょっとレトロで、”14歳の少年が想像したスーパーヒーローの姿”なんです。そこでドクター・シヴァナの衣装は、彼が思い描いたスーパーヴィランの姿にしようということになりました。だからこその黒いコートとサングラス。とても威圧的で恐ろしいデザインにすることができました。シャツはマオカラー(立襟)なのですが、『007』のドクター・ノオもマオカラーなんですよね。こんな風に、”悪役っぽい”ものを取り入れています。

シャザム!
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

悪と悲哀のスーパーヴィラン

── ドクター・シヴァナのこと、もっと詳しく知りたくなりました。キャラクターがより味わい深くなるようなバックストーリーも教えてください。

1940年の原作コミックで、ドクター・シヴァナはマッド・サイエンティストとして描かれていました。誤解された男で、自分の研究が世間に認められないから、世の中を逆恨みしていたんです。

ところが、ジェフ・ジョンズによる「NEW 52」シリーズでは、シヴァナの設定も少し変えられて、タフな実業家になりました。家族もお金があって、会社を経営している。もう古いバージョンのマッド・サイエンティストではなくなりました。

今作のドクター・シヴァナのバックストーリーとしては、大富豪の息子で、兄からはいじめられている。家庭内に居場所がなくて、皮肉なことにビリー・バットソンも家族がいない。

つまり彼は、いじめられた幼少期を持ち、家族というものを知らない。大人になった今、失われた子供時代を取り戻すことに人生を捧げている、という男です。

──ドクター・シヴァナも可愛そうな男ですよね。自分のことを認めて欲しかっただけなのに…。

本当にその通りですよ。面白いなと思ったのは、この映画の本質は家族の物語なんですよね。「本当の家族とは」っていう。シヴァナには裕福で、いわゆる普通の家族がいた。それなのにヴィランになっちゃうっていうのが皮肉で…。一方、ビリー・バットソンに家族はいない。それでも、家族と呼べる人々を見つけて、善になるんです。

── 「NEW 52」の原作コミックでは、ドクター・シヴァナのほかにブラックアダムというヴィランが登場しますね。つまり映画では、悪役としてブラックアダムの分も担う必要があったと思います。キャラクター設計についてはどうでしたか?

明るいヒーロー映画を作ろうという中で、シャザムがちょっぴり間抜けなキャラクターなので、ヴィランの方は本当に危ないヤツにすることが重要でした。シヴァナも他のコミックの悪役同様、ひとつの執念にとらわれています。とにかく全能の力を求めていて、あれだけのパワーを得ても、なおシャザムの能力を狙うんですよね。まさにスーパーヴィランらしく誇大妄想狂で。出来る限り凶悪で危険な存在にしようと心がけました。

シャザム!
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

── 明るいトーンの物語の中で、ドクター・シヴァナだけは眉間にシワを寄せているような存在でしたが、撮影はいかがでしたか?楽しい出来事はありましたか?

楽しかった出来事でいうと、子どもたちと一緒にいる時間ですね。映画撮影ってすごく大変で、時間もかかるし、飛び回ったり戦ったり、本編に入るかも分からないちょっとしたシーンを撮影したり…、これって子どもたちにとって良い父親(教育、学び)になると思いましたよ。僕の一番の思い出は、子どもたちに混じって楽しんで、たくさん笑ったことですね。


日本ファンからの愛称「つよし」

ちなみにマーク・ストロングといえば、日本のファンの間で「つよし」との愛称で親しまれている。せっかくの機会なので、これを御本人に伝えてみた。

シャザム!
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

── ところで、日本名のニックネームがあるってご存知でしたか?

そうなんですか?何て言うんですか?

── “つよし”っていうんですよ。”Strong”っていう意味の。

つよし…。オーケー!クールですね。教えてくれてありがとう!


後から聞いた話によれば、この日はTHE RIVERの他にも複数の日本メディアが電話インタビューを行っており、「つよし」の話題が度々挙がったという。最終的には本人もすっかり気に入った様子で、「つ↓よ↑し↓」と英語のイントネーションで発音を確認していたとか。

『シャザム!』は2019年2019年4月19日(金)より全国ロードショー。なおこの度のインタビューでマーク・ストロングは、製作が始動したという続編への意気込みも語っている。

続編も「準備バッチリ」

『シャザム!』公式サイト:http://shazam-movie.jp

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly