Menu
(0)

Search

マーベル新ドラマ「シー・ハルク」新画像が公開 ─ 「彼女はスーパーヒーローに対するアンチテーゼ」

https://www.instagram.com/p/CfoG3X0MvS1/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新ドラマシリーズシー・ハルク:ザ・アトーニーの新画像が到着している。

本作の主人公は、ヒーローやヴィランたちを相手に弁護をする“超人専門弁護士”としてバリバリ働く女性、ジェニファー・ウォルターズ。彼女はある事故をきっかけに、突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまう。望んでいなかったにもかかわらず、そのパワーを得たジェニファーが、「私はヒーローじゃない」「普通の弁護士でいたい」と悩み葛藤する姿が描かれる。

Empireが公開した新画像では、シルバーの煌びやかなドレスに身を包んだシー・ハルクが、どうやらレッドカーペットを歩いて脚光を浴びている様子。このシーンがどういう状況なのかは不明だが、背景にはスーツやタキシードに身を包んだ人たちが笑顔でシーハルクを見守っているため、彼女は人々から受け入れられているようだ。

この投稿には、「タチアナ・マスラニーはEmpireに、“マーベルの『シー・ハルク」』は、ほとんどのスーパーヒーローの物語に対するアンチテーゼだ”と語る」とコメントが添えられている。Empireとのインタビューで主演のタチアナ・マスラニーは、シー・ハルク/ジェニファー・ウォルターを「自分の新たな能力から逃げ出そうとする人」だと表現し、「彼女の中には、親近感を覚えるような“否定”という素晴らしい要素がある」とも説明。続けて、「私にとっては、起こったこと(スーパーパワーを得たこと)を出来る限り否定することが重要でした。その否定が、ジェニファーとシー・ハルクの間にある楽しい緊張感を引き起こしているからです」と話している。

「シー・ハルク」には、『アベンジャーズ』シリーズのハルク/ブルース・バナーでお馴染みのマーク・ラファロが続投。また、『インクレディブル・ハルク』(2008)のヴィランとして知られるアボミネーションが、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)に続いて本格的にカムバックし、ティム・ロスが再演する。

全9話となるMCU最新作『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は、2022年8月17日(水)16時より日米同時配信開始。

Source:Empire

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly