Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ベネディクト・カンバーバッチ、脚本を全部読まなかった理由とは?

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームで重要な鍵を握るであろうドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチは、ストーリーの内容を把握していないのだという。

本作でのストレンジは、スパイダーマンの素性を明かされなす術なしのピーター・パーカーを救う役割、と言いたいところだが、大きすぎる波乱を呼んでしまう。呪文を失敗させてしまい、それがマルチバースを生むことになってしまうのだ。

いわば物語のきっかけを作り出してしまうストレンジだから、演じるカンバーバッチも物語の端から端までをチェックしているのかと思いきや、そうでもなかったらしい。米USA TODAYに「脚本を全部読んでいないんです。これはあえてそうしているんですけどね」と語っているのだ。「だって、僕も楽しみたいんですもん」。

“あえてそうしている”からには、手元には結末までが記されたスクリプトがあったはず。主演のトム・ホランドは、ストレンジとピーターの関係が「壊れていく」と予告していたが、カンバーバッチはいったいどこまで関与しているのだろうか。

なお、本作の内容について訊かれたカンバーバッチは、「聞いても何も出てこないです」とインタビュアーの意図を見透かした返答をしたものの、言葉を選びながら次のように予告してくれた。「これだけは言えます。羽目を外した映画になっています」。

Source: USA TODAY

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly