Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ベネディクト・カンバーバッチ、脚本を全部読まなかった理由とは?

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームで重要な鍵を握るであろうドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチは、ストーリーの内容を把握していないのだという。

本作でのストレンジは、スパイダーマンの素性を明かされなす術なしのピーター・パーカーを救う役割、と言いたいところだが、大きすぎる波乱を呼んでしまう。呪文を失敗させてしまい、それがマルチバースを生むことになってしまうのだ。

いわば物語のきっかけを作り出してしまうストレンジだから、演じるカンバーバッチも物語の端から端までをチェックしているのかと思いきや、そうでもなかったらしい。米USA TODAYに「脚本を全部読んでいないんです。これはあえてそうしているんですけどね」と語っているのだ。「だって、僕も楽しみたいんですもん」。

“あえてそうしている”からには、手元には結末までが記されたスクリプトがあったはず。主演のトム・ホランドは、ストレンジとピーターの関係が「壊れていく」と予告していたが、カンバーバッチはいったいどこまで関与しているのだろうか。

なお、本作の内容について訊かれたカンバーバッチは、「聞いても何も出てこないです」とインタビュアーの意図を見透かした返答をしたものの、言葉を選びながら次のように予告してくれた。「これだけは言えます。羽目を外した映画になっています」。

Source: USA TODAY

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly