Menu
(0)

Search

『スマブラ』ハリウッド実写映画化の可能性、『名探偵ピカチュウ』脚本家が「まずは『ゼルダの伝説』を」と意欲 ─ ニンテンドー・シネマテック・ユニバースの夢

スマブラ 大乱闘スマッシュブラザーズ

もしも、アメコミのスーパーヒーローが一同に会する夢のクロスオーバー映画が実現したら…?10年ほど前、『アベンジャーズ』や『ジャスティス・リーグ』のような映画が本当に観られるなんて思いもしなかっただろう。作品の垣根を超えた大人気キャラクターが集結する夢のような光景を、現在の我々は思う存分に楽しめるようになった。

想像してほしい。もしも同じようなことが、ニンテンドーのキャラクターたちで実現したとしたら?もしも『大乱闘スマッシュブラザーズ』の映画化が実現したら、どうなるだろう。マリオやピカチュウ、カービィ、ゼルダたちが映画館に集結したとしたら…。


『スマブラ』ハリウッド実写映画化の夢

映画『名探偵ピカチュウ』の成功によって、もしかしたら『スマブラ』実写化への第一歩が踏まれたのかもしれない。同作脚本のダン・ヘルナンデスとベンジー・サミットが米Screen Rantのインタビューで答えたところによると、2人も『スマブラ』実写映画の実現を夢見ているのだ。ヘルナンデスは次のように答えている。

「そういう映画を実現させるには、他のキャラクターの紹介映画もセンセーショナルであることがカギですね。『ゼルダの伝説』なんかを執筆できたら夢のようです。『スマッシュブラザーズ』実現の前には、最高の『ゼルダの伝説』を全力で書かなくては。マリオやカービィ、スターフォックスも同様ですよね。」

『名探偵ピカチュウ』で、まずはポケモンたちが活き活きと映画化された。同様に、マリオやほかのキャラクターたちも上手く映画化できれば、ゆくゆくは『スマブラ』映画の実現も決してありえなくはない。そこに至るまでの道のりは、やはり個性豊かなスーパーヒーローたちの共演を実現させた『アベンジャーズ』が手本になるとサミットは続ける。

「『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、観客がキャラクターのひとりひとりをしっかり好きだからこそ素晴らしいんですよ。だから集結した時に魔法が生まれる。『スマッシュブラザーズ』もこういうアプローチが良いでしょう。

サミットは、マーベル・シネマティック・ユニバースにならって、「もしも将来ニンテンドー・シネマティック・ユニバースなんてものが求められたら」と語る。「ヘルナンデスとサミットがその仕事に選ばれるかもしれませんね。僕たち2人は今、ポケモン映画の今後のことで忙しい。『名探偵ピカチュウ』の今後はまだ何も公式に決定していませんが、ポケモン実写化の方向性はいくつかありそうなんです。」

既にハリウッドでは、『ミニオンズ』(2015)などで知られる米イルミネーション・エンターテインメント製作による『スーパーマリオ』のアニメ映画化も同社内で「優先順位の高いプロジェクト」として準備が進められている。今後、もしも本当に『ゼルダの伝説』や『星のカービィ』、『スターフォックス』たちも映画化されたなら、ニンテンドー・シネマティック・ユニバースとしてシリーズ展開、『スマブラ』映画として全員集合を果たすことがあるかもしれない…。ちなみに『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にセガから権利元を超えて参戦したソニックも、『ソニック・ザ・ムービー』として実写映画が2019年12月に日本公開予定だ。

もっとも、今はポケモン映画の今後に期待するだけでも胸いっぱい。ヘルナンデスとサミットもここで「方向性はいくつかある」と構想しているほか、製作の米レジェンダリー・ピクチャーズは既に続編の企画着手に乗り出しているほか、プロデューサーもシリーズ展開を示唆しており、サミットも「この世界にはまだまだ魔法がある。行くべき場所は沢山ある」とやる気十分だ。

マーベル・シネマティック・ユニバースやDCコミックスのシリーズだけならず、ポケモンやニンテンドーなど日本発のゲームキャラクターたちがシネマティック・ユニバースを繰り広げたら…?現時点で『スマブラ』映画化は夢のまた夢だが、そのためにあなたが映画で観てみたいニンテンドーのキャラクターは誰だろう。

実写化に成功した理由は?

『名探偵ピカチュウ』は大ヒット公開中。

『名探偵ピカチュウ』公式サイト:https://meitantei-pikachu.jp/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly