Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット、『アベンジャーズ/エンドゲーム』超えのVFXショット数 ─ 破格のスケール、最終予告編も準備中

ジャスティス・リーグ スナイダー・カット
© and ᵀᴹ 2020. Warner Media, LLC. All Rights Reserved. All trademarks are the property of their respective owners.

DC映画『ジャスティス・リーグ』(2017)をザック・スナイダー監督のビジョンに基づいて再創作する、“スナイダー・カット”こと「ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)」が、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)をしのぐVFXショット数であることがわかった。

Beyond The Trailerにて、スナイダー監督は本作のVFXショット数が2,800近いことを明かし、VFX作業が90%ほど完了していることを認めた。『アベンジャーズ/エンドゲーム』は約2,500のVFXショットを含むため、約300の違いがある。『アベンジャーズ/エンドゲーム』は3時間、スナイダー・カットは計4時間(1話あたり1時間の全4話構成)という上映時間の差があるため、時間あたりのショット数は前者に軍配が上がるものの、もはや作品のスケール面はスナイダー・カットのほうが明らかに大きくなった。スナイダーはVFXチームに「素晴らしい仕事ぶり。毎日懸命に作業してくれています」と賛辞を送っている。

完成が近づいているスナイダー・カットについて、以前のコメント通り、監督は2021年3月の米国配信を目指していることを強調。今後数週間~一ヶ月のうちに計画されていることが多く、「みなさんに予定を空けてもらえるようになる」とも述べられているあたり、リリース計画の告知もそう遠くなさそうだ。「大きなテレビを買うとか、仕事の休みを取るとか、やるべきことがわかります。数日間は家にいて、本腰を入れて何回も見返すことになるでしょう。準備の時間はありますよ」

ちなみにスナイダー監督によると、配信に先がけては最終予告編の公開も予定されているとのこと。「誰もが大興奮する、我を失う」出来栄えになっているというから、まずはこちらの到着を楽しみに待とう。

あわせて読みたい

Source: Beyond The Trailer

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly