Menu
(0)

Search

マーベル「ロキ」、おなじみキャラクターの「マルチバース版」登場か ─ ケヴィン・ファイギ社長が示唆

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキには、おなじみのキャラクターの“別バージョン”が登場するかもしれない? マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、シリーズに秘められた“マルチバース”の可能性を語った。

この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

ロキ
(C) 2021 Marvel

「ロキ」で描かれるのは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の後、四次元キューブを手にして逃亡したロキの物語。同作で描かれたように、過去に戻って歴史を変えると、新しい時間軸が発生してしまう(=マルチバース)。ロキは“世界の時間”を監視する組織・TVA(Time Variance Authority)に囚われ、自分が改変した現実を元に戻し、“世界の時間”を修復しなければならないのだ。

Entertainment Weeklyにて、ファイギ社長は「マルチバースや時間を扱うことの楽しみは、キャラクターたちの別バージョンを、特に今回のタイトルロールの別バージョンを見せられること」と語った。本作の“タイトルロール”であるロキは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の冒頭でサノスに殺されたロキとは別の歴史を歩んでいるロキであり、MCUファンが親しんできたキャラクターとは厳密には別人となる。予告編でも、“ロキの別物(バリアント)”という言葉を聞くことができるのだ。

しかし気になるのは、ファイギ社長が「キャラクター“たち”」という言葉を使っていることである。現時点で本作には、ロキ役のトム・ヒドルストンを除いて、MCU作品の出演者が復帰するというアナウンスはなされていない。しかし、ロキが分岐した時間軸を旅するのであれば、そこにはロキと同じように“別物”のキャラクターが存在してもおかしくないのだ。シリーズの開始後、思わぬサプライズ・キャストが登場する可能性もある。

一方、マーベル・スタジオは「ロキ」に続いて、文字通りマルチバースを掘り下げていくアニメシリーズ「ホワット・イフ…?(原題)」を配信予定。いずれにせよ、本作がMCUのマルチバースを開拓する上で重要な役割を担うことは間違いなさそうだ。

ところでファイギ社長は、ロキが今後のMCU作品に登場するかどうかは明言していない。“マルチバース”という点でいえば『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』が、シリーズとの関連性でいえば『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』が再登場には有力だが、すべては「ロキ」のストーリー次第だろう。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は2021年6月9日(水)16時より日米同時配信。

Source: Entertainment Weekly

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly