Menu
(0)

Search

トム・ホランド、「スパイダーマンに別れを告げる準備ができているのではないか」 ─ スパイダーグウェンやスパイダーウーマンへバトンつなぐか

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

2021年11月下旬に、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『スパイダーマン』シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドが、「『スパイダーマン』にとってのベストは、マイルズ・モラレスの映画を作ることだと思います」と語っていたことは記憶に新しい。

そんな「スパイダーマン卒業」を匂わせる発言後、ホランドは企画が浮上していると報じられていた新トリロジーについて、「将来はすごく明るい」と反応してファンを安心させていた。ところが、米Peopleとのインタビューでまたもや、他のスパイダーマンのために道を譲る時かもしれないといった思いを打ち明けている。

「僕は、(スパイダーマンを演じることを)ずっと愛してきました。僕たちにチャンスをくれて、僕たちのキャラクターが成長する機会を与えてくれたマーベルとソニーにすごく感謝しています。これまで最高でした。だからこそ、僕はスパイダーマンにさよならは言いたくありません。ですが、僕たちはスパイダーマンに別れを告げる準備ができているのではないかと思います。」

再びファンを不安に陥れるようなコメントを発したホランドは、「僕は、スパイダーマンに値する次の若い人を引き留める責任を負いたくないんです」と、その理由を回答。続けて、「もっと多様なスパイダーマンの未来を見たいですね。それは、スパイダーグウェンやスパイダーウーマンかもしれません。3人によるスパイダーマンが続きましたが、同じキャラクターでした。何か違うものを目にするのはいいですよね」と語っている。

説明の必要はないと思うが、ホランドが言う“3人”とはホランド自身とトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドのことだ。なお、これまでに女性スパイダーマン実写化の話題は何度か上がっている。2020年8月にはソニー・ピクチャーズが、マーベル・コミックの女性キャラクターを主人公とする新作映画(タイトル未定)の企画が進行中で、「スパイダーウーマン」の物語になると報じられ、スター・ウォーズ3部作でレイ役を演じたデイジー・リドリーがスパイダーウーマン役に意欲を見せていた。

『スパイダーマン』シリーズの新3部作に関する報道や、ホランドの様々なコメントなどの情報が入り乱れて現状が把握しにくいが、シリーズの進退に注視しておきたい。

Source:People

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly