Menu
(0)

Search

マイケル・キートン、『スパイダーマン』バルチャー役を再演か ─「明日撮影がある」と意味深発言

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のメインヴィラン、エイドリアン・トゥームス/バルチャーがマーベル映画に再登場しそうだ。それもマイケル・キートンが再演する形で……。

この記事には、『スパイダーマン:ホームカミング』のネタバレが含まれています。

『スパイダーマン:ホームカミング』にてバルチャーは、ピーター・パーカー/スパイダーマンとの戦いに敗北した後、刑務所に収監させられる。ポストクレジットシーンではスコーピオンと刑務所内で対面し、スパイダーマンの正体について迫られるも、「知ってたら、もう殺してる」と真意は不明ながらも正体を明かさなかった。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)での再登場が期待されていたが、バルチャーは現在に至るまで再登場はしていない。

しかし、2021年11月に彼の再登場説がふたたび浮上した。『モービウス』の予告編にて、マイケル・キートンふんするキャラクターが登場したからである。キャラクター名は不明だが、『スパイダーマン:ホームカミング』のポストクレジットシーンにてバルチャーが刑務所内で着用していた服とかなり類似していることからも、ファンのあいだではバルチャーと同一人物なのではないかと予想されているのだ。『モービウス』は、『ヴェノム』につづいてソニー・ピクチャーズが制作する、スパイダーマンの宿敵を映画化する企画のうちのひとつ。これだけ聞くと、バルチャーが同作で再登場しても何ら不思議な話ではなさそうだが、『ヴェノム』『モービウス』の世界観が、MCUと関係性があるのかは実のところはっきりしていない。

ファンの期待が高まる中、マイケル・キートンがさらなるバルチャーの再演を示唆している。2021年11月18日(現地時間)に米国放送された「Jimmy Kimmel Live」に出演したキートンは、『スパイダーマン:ホームカミング』での撮影を振り返りながら、「明日は撮影があるんです」と番組の最後で唐突に話した。「何の撮影ですか?」と司会者に聞き返されたキートンは、「バルチャーのやつです」と回答。これがバルチャー役を再演するということなのか、バルチャーのようなヴィランやスーパーヒーロー映画への撮影を示唆するものなのかは定かでない。

マイケル・キートンがバルチャー役の撮影を仮にも実際に控えていた場合、気になるのはどの作品なのかだ。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』『モービウス』はいずれも撮影が終了しており、公開も間近に迫っているため、再撮影が行われるとは考えにくい。もちろん、ポストクレジットシーンなどといった撮影時間が短いものであれば、まだ間に合う可能性があるため、完全に否定することは出来ないだろう。

マーベル作品で現在撮影中のものは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』、『ザ・マーベルズ(原題)』、「シークレット・インベージョン(原題)」、『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』、『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』など。そのほかには、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』が大規模な再撮影を現在実施中。こちらはアメリカ・ロサンゼルスで執り行われており、「Jimmy Kimmel Live」の収録場所と同じ都市だ。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にドクター・ストレンジがキーパーソンとして登場するため、こちらに再登場する可能性は大いにあり得るかもしれない。いずれにせよ、今後の動向に引き続き注目しよう。

Source: Jimmy Kimmel Live

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly