Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、2021年最も高くレビューされた映画に ─ 米ロッテン・トマト

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、米レビューサイトRotten Tomatoesで、「2021年に最も高くレビューされた映画」に選出された。

Rotten Tomatoesは、批評家によるレビューのスコアと、視聴者が投票するスコアが存在することが特徴。辛口なレビューで知られているサイトだが、『ノー・ウェイ・ホーム』は「2021年の最も高くレビューされた映画」としてゴールデン・トマト・アワードを受賞した。

Rotten Tomatoesは複数のソースから映画やドラマのレビューを収集。肯定的な意見が60%以上を占めれば“新鮮(Fresh)”な映画と判断され、赤いトマトの印が付与される。対して、肯定的な意見が60%を下回った場合は、“腐った(Rotten)”映画として緑色のトマトのマークが付けられてしまう。

2021年12月31日までにRotten Tomatoesが収集した374件の批評家によるレビューに基づき、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は93%のスコアを獲得。さらに、観客によるレビューのスコアは98%という高い数字を叩き出し、2021年のレビュー・トップ30でナンバーワンに輝いてゴールデン・トマト・アワードの受賞に至っている。

トップ5に食い込んだのは『ノー・ウェイ・ホーム』に続き、2位が『イン・ザ・ハイツ』、3位が『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』、4位が『PIG(原題)』、5位が『パワー・オブ・ザ・ドッグ』。トップ30にランクインしたスーパーヒーロー映画は『ノー・ウェイ・ホーム』のほか、11位の『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』、12位の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のみだった。

なお、『ノー・ウェイ・ホーム』はレビューだけでなく興行収益でも記録を打ち立て、全米では『タイタニック』を抜いて歴代6位となり、日本でも観客動員数が100万人を突破して大ヒットを放っている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は日本で公開中。

Source:Rotten Tomatoes

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly