Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ドック・オクとのバトルシーン、さらに長いバージョンがあった ─「一番長い時で15分」

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではマルチバースの扉が開かれ、スパイダーマン/ピーター・パーカーの宿敵たちが勢揃い。『スパイダーマン2』(2004)からはドクター・オクトパスが登場し、スパイダーマンに容赦なく襲いかかる。

本編映像などからすでに登場していた、ドック・オクとスパイダーマンがニューヨークの橋の上で戦いを繰り広げる一連の展開には、どうやらさらに長いバージョンがあったようだBefore & Aftersの取材に応じたビジュアルエフェクト・スーパーバイザーであるケリー・ポートは、「このシークエンスには日の目を見ることのない、たくさんのクールなバージョンがあります。もっと長かったんですよ」としながら、「一番長い時で15分はありました」と説明している。

このシーンでは、アルフレッド・モリーナふんするドック・オクにばかり視線が奪われてしまうかもしれないが、迫力満点で規模感のある戦いを演出するためには、ニューヨークの風景や街並みを完全に再現することが必要不可欠な要素のひとつだろう。ケリー・ポートは、「小さな道路部分を超えて、周囲の橋や反対側の橋、さらにはブルックリンの街とその周辺、川、木々、紅葉など、CGデジタル環境を構築したのです。とても素晴らしかったですよ」と述べており、細部までこだわり抜かれていたことがうかがえる。

ケリー・ポートは続けて、「何か実際のもの、物理的なものを撮影できる方法があれば、そのようにします」と説明しており、撮影現場に実際の車などを設置することで、さらにデジタルでの再現度が高まるのだという。つまり、このドック・オクとスパイダーマンのアクションシーンを作り上げるためには、アルフレッド・モリーナが“運命の集結”を果たすだけでなく、ビジュアル・エフェクト部門をはじめ、実写の撮影など様々な要素が上手く組み合わさる必要があったのである。

Source:Before & Afters

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly