Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』深刻なネタバレが流出、ソニーが動く

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

恐れていた事態が現実になってしまった。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームがアメリカでプレミア上映され、イギリスやドイツ、韓国など一部の国々では15日より一般公開となると、YouTubeでは早くもネタバレ映像が流出してしまう事態となった。

これらを確認した米The Hollywood Reporterの報告によると、違法アップロードされた映像の内容は「重要で、本物のネタバレ」だといい、中には10分近くの本編映像もあったという。「リークの大部分は外国語の字幕があり、一部は外国語の吹き替えだった。映像の質は粗いものから、極めてクリアなものまである」と同メディアは伝えている。

これを受けて米ソニー・ピクチャーズは直ちに対策を取った模様。複数の流出動画は、公開から数分以内にブロックされたようだ。

17日の本国公開を前にして作品の楽しみを台無しにしかねない由々しき事態だが、日本のファンにとっては一層深刻だ。本作の日本公開は年を跨いだ2022年1月7日。のんびりYouTubeを利用する機会も多いであろう年末年始休暇の間に、うっかり『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の重要なネタバレをサムネイルで目にしてしまう可能性は大いにある。「ネタバレ回避のためにネット断ちをした方がいい」という対策は、あながち大袈裟な表現でもないのだ。最低限の対策のためには、こちらの記事をご参考いただきたい。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly