Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のドクター・ストレンジは偽物なのか?「ホワット・イフ…?」第4話で考察

「ホワット・イフ…?」第4話『もしも…ドクター・ストレンジが手の代わりに恋人を失ったら?』
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム予告編に登場したドクター・ストレンジに違和感がある?もしかしたら、アニメホワット・イフ…?にヒントがあるかもしれない。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、スパイダーマンとしての正体が全世界にバラされてしまったピーター・パーカーが、この事実を魔術で変えることはできないかとドクター・ストレンジのもとを訪れる。ストレンジはピーターを友好的に迎えるのだが、『アベンジャーズ』の中でも叡智の象徴であるはずのストレンジにしては、いやに砕けた様子だった。

パーカー姿のラフな出で立ちも、「Oh For Fox(Fuck’s)Sake」(=勘弁してくれよ)とのスラングが描かれたジョークみたいなマグカップを持っているところも、考えてみれば妙だ。サンクタム・サンクトラムが雪だらけになっていたところも、ウォンがどこか不機嫌に見えたところも、なんだかひっかかる。

もしかしたらこのドクター・ストレンジ、偽物が成り代わっているのでは?アニメ「ホワット・イフ…?」第4話が配信されると、ファンの間ではそんな説がかわされるようになった。一体、どういうことだろうか。

この記事には、「ホワット・イフ…?」第4話『もしも…ドクター・ストレンジが手の代わりに恋人を失ったら?』のネタバレが含まれています。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly