Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランド、歴代ヴィラン俳優たちとの共演に「気が狂いそうだった」

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022年1月7日に日本公開)では、ドクター・オクトパスをはじめ、グリーンゴブリンやエレクトロなどシリーズのヴィランたちがユニバースを超えて勢揃いする。ファンであれば間違いなく興奮する熱き展開だが、トム・ホランドもまた例外ではなかったようだ。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、MCUがマルチバースを初めて本格的に開くとされる作品。ピーター・パーカーは、スパイダーマンとしての正体が世界中に知られてしまった事実をなかったことにするため、ドクター・ストレンジに頼って禁断の魔術を発動。しかし、それがマルチバースの扉を開くきっかけとなってしまった。別世界のヴィラン、ドクター・オクトパス、グリーンゴブリン、エレクトロらが襲来してしまうのだ。

ピーターはスパイダーマンとして、そのヴィランたち全員を相手に立ち向かうことになるわけだが、トム・ホランドは一体どんな気持ちで撮影に臨んだのだろうか。またホランドの発言を紹介する前に、すでに周知の事実だと思われるが、ドクター・オクトパスをアルフレッド・モリーナ、グリーンゴブリンをウィレム・デフォー、エレクトロをジェイミー・フォックスが再演していることはあらためて明記しておきたいところだ。

この度、ソニー・ピクチャーズがロンドンで開催した記者会見で、トム・ホランドが豪華俳優陣たちとの共演について「とにかく圧倒されて、興奮しましたし、気が狂いそうでした」と振り返っている。「彼らはとても素晴らしく、友好的で、親切で、そして才能ある役者たちであることは言うまでもありませんが、彼らは独自の方法や雰囲気を撮影現場に持ち込んできてくれたので、本当に楽しかったです」。ホランドはサム・ライミ監督版をはじめ、マーク・ウェブ監督版を観て子供時代を育ったとしながら、「スクリーン上で彼らと共演できて本当に嬉しかったです」という。

トム・ホランドは子供時代に映像で観ていた俳優たちとの共演、それも対決することになったわけだが、それには我々では想像もつかないほどの喜びと興奮、そして緊張があったに違いない。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日(金)公開。

Source: Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly