米ワーナー『スーサイド・スクワッド2』の製作を「非常に優先」 ― しかし進捗状況は未知数

米ワーナー・ブラザースが、DC映画スーサイド・スクワッド2(仮題)』の製作を重要視していることがわかった。前作『スーサイド・スクワッド』(2016)でリック・フラッグ大佐を演じたジョエル・キナマンが明かしている。

ウィル・スミスがデッドショットを、マーゴット・ロビーがハーレイ・クインを、そしてジャレッド・レトがジョーカーを演じた前作は、DCの人気ヴィランがチームを組まされて魔女エンチャントレスに挑むというストーリー。脚本・監督は『フューリー』(2014)のデヴィッド・エアーが務めていた。

スーサイド・スクワッド

SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ワーナーは「非常に優先」、しかし時期は不明

Colliderのインタビューにて、キナマンは『スーサイド・スクワッド2』の脚本や撮影スケジュールについて尋ねられている。しかし彼は「何も知らないんです」と述べて、ワーナー内部の動向のみを教えてくれた。

「(『スーサイド・スクワッド2』を)懸命に進めてもらっている、ということだけは知っています。ワーナー・ブラザースは非常に優先してくれているんですよ。ただ、映画をきちんと作ることも同じくらい大切なことですからね。(前作は)ある意味で奇跡だったとみんな思ってるんですが、一部はそうじゃなかったでしょう。本当に大切なのは、素晴らしかったところを活かしながら、うまくいかなかったところを修正すること。準備は進んでいますし、(進捗も)もうすぐわかると思います。脚本を読むのが楽しみですよ。」

キナマンは先日のインタビューでも前作の反省点を語っており、次回作を「地に足の着いたストーリーに」と提案していた。どうやら、その仕上がりにはよほど思うところがあったのだろう……。

『スーサイド・スクワッド2』については、2017年12月、カタナ役の福原かれんがTHE RIVERの独占取材に対して「2018年撮影です、と言われているんですけど[中略]いつ撮影開始なのかも分かってません」「内容もまだ知らされてないんですよ」話していた。それから約2ヶ月が経過するが、出演者の知る情報にほとんど変化はないものとみられる。
ちなみに2018年1月、キナマンはInstagramに『スーサイド・スクワッド』出演者とのトレーニング写真を投稿していた。何か動きがあったのか……とも思われるが、続編の製作とトレーニングの関連性は定かでない。

なお『スーサイド・スクワッド2』には、前作のデヴィッド・エアー監督に代わって、『ザ・コンサルタント』(2016)などを手がけたギャヴィン・オコナー監督が新たに就任する。どうやら、キナマンはオコナー監督との面会をすでに済ませているようだ。

「彼(オコナー監督)とは少しだけ話しました。彼が参加してくれることに、すごくワクワクしてますよ。最高の人選だと思います。どんなものを考え出してくれるのか、知るのが楽しみですね。」

映画『スーサイド・スクワッド2』の劇場公開日、撮影スケジュールなどは不明。引き続き、今後の情報に注目したい。

Source: http://collider.com/joel-kinnaman-interview-altered-carbon/
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。