Menu
(0)

Search

米ワーナー『スーサイド・スクワッド2』の製作を「非常に優先」 ― しかし進捗状況は未知数

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

米ワーナー・ブラザースが、DC映画スーサイド・スクワッド2(仮題)』の製作を重要視していることがわかった。前作『スーサイド・スクワッド』(2016)でリック・フラッグ大佐を演じたジョエル・キナマンが明かしている。

ウィル・スミスがデッドショットを、マーゴット・ロビーがハーレイ・クインを、そしてジャレッド・レトがジョーカーを演じた前作は、DCの人気ヴィランがチームを組まされて魔女エンチャントレスに挑むというストーリー。脚本・監督は『フューリー』(2014)のデヴィッド・エアーが務めていた。

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ワーナーは「非常に優先」、しかし時期は不明

Colliderのインタビューにて、キナマンは『スーサイド・スクワッド2』の脚本や撮影スケジュールについて尋ねられている。しかし彼は「何も知らないんです」と述べて、ワーナー内部の動向のみを教えてくれた。

「(『スーサイド・スクワッド2』を)懸命に進めてもらっている、ということだけは知っています。ワーナー・ブラザースは非常に優先してくれているんですよ。ただ、映画をきちんと作ることも同じくらい大切なことですからね。(前作は)ある意味で奇跡だったとみんな思ってるんですが、一部はそうじゃなかったでしょう。本当に大切なのは、素晴らしかったところを活かしながら、うまくいかなかったところを修正すること。準備は進んでいますし、(進捗も)もうすぐわかると思います。脚本を読むのが楽しみですよ。」

キナマンは先日のインタビューでも前作の反省点を語っており、次回作を「地に足の着いたストーリーに」と提案していた。どうやら、その仕上がりにはよほど思うところがあったのだろう……。

『スーサイド・スクワッド2』については、2017年12月、カタナ役の福原かれんがTHE RIVERの独占取材に対して「2018年撮影です、と言われているんですけど[中略]いつ撮影開始なのかも分かってません」「内容もまだ知らされてないんですよ」話していた。それから約2ヶ月が経過するが、出演者の知る情報にほとんど変化はないものとみられる。
ちなみに2018年1月、キナマンはInstagramに『スーサイド・スクワッド』出演者とのトレーニング写真を投稿していた。何か動きがあったのか……とも思われるが、続編の製作とトレーニングの関連性は定かでない。

なお『スーサイド・スクワッド2』には、前作のデヴィッド・エアー監督に代わって、『ザ・コンサルタント』(2016)などを手がけたギャヴィン・オコナー監督が新たに就任する。どうやら、キナマンはオコナー監督との面会をすでに済ませているようだ。

「彼(オコナー監督)とは少しだけ話しました。彼が参加してくれることに、すごくワクワクしてますよ。最高の人選だと思います。どんなものを考え出してくれるのか、知るのが楽しみですね。」

映画『スーサイド・スクワッド2』の劇場公開日、撮影スケジュールなどは不明。引き続き、今後の情報に注目したい。

Source: http://collider.com/joel-kinnaman-interview-altered-carbon/
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly