Menu
(0)

Search

バッキー役セバスチャン・スタン、LA舞台の恋愛映画に出演 ― 『きっと、星のせいじゃない。』シェイリーン・ウッドリー主演

Photo by NASA/Bill Ingalls https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Martian%27_World_Premiere_(NHQ201509110007).jpg Remixed by THE RIVER

映画『キャプテン・アメリカ』シリーズや『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)などのバッキー・バーンズ役で知られるセバスチャン・スタンが、ロサンゼルスを舞台とする新作恋愛映画(タイトル未定)に出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

このたびスタンの出演が伝えられたのは、『今日、キミに会えたら』(2011)や『あなたとのキスまでの距離』(2013)などを手がけた“ラブストーリーの名手”ドレイク・ドレマス監督の最新作だ。主演を務めるのは『きっと、星のせいじゃない。』(2014)やドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」(2017)のシェイリーン・ウッドリー。現代のロサンゼルスを舞台に、ウッドリー演じる30歳代の女性ダフネの1年間にわたる恋愛と悲しみを描くストーリーになるという。思わぬ出来事の連続によって、ダフネの人生に隠された秘密が明らかになっていくのだとか……。

セバスチャン・スタン
Photo by NASA/Bill Ingalls https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Martian%27_World_Premiere_(NHQ201509110007).jpg Remixed by THE RIVER

スタンが演じるのは、主人公ダフネを取り巻く“三人の男たち”の一人。ほかに『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナン、ドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」(2005-)のマシュー・グレイ・ギュブラーの出演が報じられている。ただしそれぞれの演じる役柄は不明で、もちろん主人公にどのように関わるのかもわかっていない。

本作の脚本は、ドレマス監督と作家のジャーディン・リベアーが共同執筆した。2018年10月18日(金曜日、米国時間)時点で、撮影は「今週開始される」ということだ。ちなみに舞台裏の事情として興味深いのは、韓国の映画会社CJ Entertainmentが本作に出資、製作を担当していること。海外配給はProtagonist Picturesが手がけ、米国配給はまもなく決定するという。

ドレマス監督の近作は、ユアン・マクレガー&レア・セドゥ主演のSFラブストーリー『Zoe(原題)』(2018)で、米国ではAmazon Prime Videoにて配信されている(日本では未配信)。そのほか『私とあなたのオープンな関係』(2017、Netflixにて配信中)、『ロスト・エモーション』(2015)などがある。

なお、スタンは『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の劇場公開を控えているほか、シャーリイ・ジャクスンの同名小説を映画化した『ずっとお城で暮らしてる(邦題未定、原題:We Have Always Lived in the Castle)』、ニコール・キッドマン主演の刑事スリラー『Destroyer(原題)』(2018)、豪華俳優陣と共演する実話映画『The Last Full Measure(原題)』(2019)、そして自ら主演を務める恋愛映画『Monday(原題)』と数々の作品が待機中。さて、日本ではどういう順番で観られるのか。問題はそこですよ。

セバスチャン・スタン出演、ドレイク・ドレマス監督の新作映画(タイトル未定)の公開時期は未定。

Source: Deadline
Eyecatch Image: Photo by NASA/Bill Ingalls Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly