マーベル巨匠スタン・リー、とうとうDC映画にカメオ出演してしまう

マーベル・コミックの巨匠、ひいてはコミック界の伝説的存在スタン・リーが、とうとうDC映画にカメオ出演してしまったことがわかった。ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」で上映された作品が現地で話題を呼んでいる。

実はスタン・リー、以前からDC映画へのカメオ出演を希望していたことで知られている。2016年には「もっとカメオ出演したい」と俳優業への意思を明かしたほか、「どうしてDCからオファーがないのかがわからない。言ってくれれば出るのに!」となぜか逆ギレ気味の発言が伝えられたこともあった
しかしスタン・リーのDC映画出演は、言ってしまえばコミック映画のファンですら「それは無理」と諦め気味だったクロスオーバーである。それを平然とやってのけるなんて…さすがスタン・リー、そこに痺れる…憧れるっ…!

本記事では「San Diego Comic Con 2018」のレポートより、スタン・リーのDC映画出演について、現在わかっている情報をお伝えしていく。出演作品やシーンの内容にも言及しているので、何も知らないままでいたいという方は、決してここから先へは読み進まないようご留意いただきたい

注意

以下の内容には、今後のDCコミックス原作映画に関するネタバレが含まれています。

「東京コミコン2017」にて、スティーブ・ウォズニアックとの2ショット ©THE RIVER

スタン・リー、『ティーン・タイタンズ GO!』映画版に出現

このたびスタン・リーのカメオ出演が明らかになったのは、ワーナー&DCがコミックとアニメの世界で展開している「ティーン・タイタンズ GO!」シリーズの映画版『Teen Titans Go! To the Movies(原題)』だ。ニコラス・ケイジがスーパーマン役を演じている(記事)ことでも話題のアニメ映画だが、この作品にスタン・リーも登場しているという。

Variety誌の報告によると、スタン・リーは本編中にいきなり現れると、「どうも、スタン・リーです。分かりづらいカメオ出演に気づいてくれよ。これはDC映画だって? 出ていかなきゃ!」(This is Stan Lee — dig my subtle cameo! This is a DC movie? I gotta get outta here!)とだけ口にして姿を消すのだとか。しかしそう言いながらも、映画のラスト付近にはもう一度出てくるのだそう……。

このエピソードだけでなんとなく察しがつくというものだが、米GameSpotによれば、この『Teen Titans Go! To the Movies』には「あらゆるスーパーヒーロー映画に関するメタなジョークがたくさん詰まっている」とのこと。マーベル・シネマティック・ユニバースや20世紀フォックス製作の『X-MEN』『デッドプール』シリーズ、さらには身内であるDC映画作品もその標的になっているようだ。

ちなみにスタン・リーがアニメ映画に出演するのは、マーベル・コミック作品「Big Hero 6」を原案とする『ベイマックス』(2014)以来2度目。そういえばスパイダーマンの世界をアニメ映画化する『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019)も控えているが、こちらにスタン・リーはカメオ出演しているのだろうか?

映画『Teen Titans Go! To the Movies(原題)』は2018年7月27日に米国公開予定。日本での公開・配信予定は不明だが、DCファンならずとも要注目の一本にちがいない。

Sources: Variety, GameSpot, SR

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。