Menu
(0)

Search

故スタン・リー、CG蘇生でのカメオ出演は「あるかも」 ─ サミュエル・L・ジャクソン、マーベル映画の〈俳優3Dスキャン〉明かす

©THE RIVER

2018年11月12日にこの世を去ったアメコミ界の巨匠スタン・リー氏は、もしかすると“CG蘇生”によって今後の映画に登場するのかもしれない。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のニック・フューリー役で知られるサミュエル・L・ジャクソンが語った。

スタン氏といえば、MCUの全作品をはじめ数々のマーベル映画にカメオ出演して世界中の観客に親しまれてきた人物。生前に撮影されたカメオ出演シーンが、今後どの作品まで残されているのかも訃報後の話題となっていた。

シンガポールで開催された『キャプテン・マーベル』のイベントで、サミュエルは『キャプテン・マーベル』におけるスタン氏の出番を知らされていないこと、それは過去の作品でも同じだったことを明かしつつ、マーベル映画とスタン氏の今後について話している。

キングコング 髑髏島の巨神 サミュエルLジャクソンインタビュー
サミュエル・L・ジャクソン ©THE RIVER

マーベルの取り組む「俳優の3Dスキャン」とは

「彼がいなくなって寂しくなります」。サミュエルはそう口にしてから、マーベル・スタジオが取り組んでいるという、ひとつの作業について述べはじめた。

「僕が思うのは…僕たちがスキャンされているのと同じ方法で、今後も彼はすべてのマーベル映画に出られるかもしれないってことですね。みなさん、ビックリするでしょう。“死んだと思ってたのに、いつ撮ったの?”って(笑)。きっとマーベルは、スタンの素材をたくさん撮っていると思いますよ。だって、僕たちはみんなスキャンされてるんですから。」

「僕たちはスキャンされている」とは一体どういうことなのか。同じくイベントに登壇していたキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンは、その作業について「100台くらいカメラがある部屋があって、そこでスキャンされるんです。まるで身体の3Dスキャンですね、ホログラムが作れそう」と説明した。

『スター・ウォーズ』を製作するルーカスフィルムは、2018年4月、すでに俳優のスキャンを実施していることを認めている。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で視覚効果を担当したベン・モリス氏は、「主な俳優は全員スキャンしています。必要なのかどうかはわかりませんが、アーカイブとしてスキャンするのではありません。追って参照するためのものです」と述べたのだ。ちなみにルーカスフィルムは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)で故ピーター・カッシングを“CG蘇生”させて観客を驚愕させた。その一方、この方法には倫理的問題があるとも指摘されている。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品を製作するマーベル・スタジオと、『スター・ウォーズ』を手がけるルーカスフィルムの共通点は、ともにウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下にあるということだ。ディズニーは現在、出演者をスキャンしてデータを保存する取り組みを進めているとみられる。

こうした動きからか、老境に入りつつある俳優たちは、時折自身の“CG蘇生”について言及することがある。『キャプテン・マーベル』で1980年代の姿を“CG復元”されたサミュエルは、死後に行われるかもしれない“CG蘇生”についても「最高だね」とコメント。『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルも賛成の意を表した。しかし、仮にスタン氏が早速CGで復活するとして、観ている側はそれを素直に受け入れられるだろうか…?

なお、スタン氏は生前に『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)の出演シーンを撮り終えていたとのこと。『キャプテン・マーベル』については不明だったが、サミュエルの発言を聞くかぎり、おそらく本作にも出番はありそうだ。『エンドゲーム』に次ぐ『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)の撮影が終わっていたかどうかは明らかになっていない。

映画『キャプテン・マーベル』は2018年3月15日(金)全国ロードショー

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source: ABC News

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly