Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』スピンオフ新作は2017年夏発表?2020年以降は「もうすぐ決断」

スター・ウォーズ』最大のファンイベントスター・ウォーズ・セレブレーション2017 オーランド」が、無事にその幕を閉じた。おおよその予想通り、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017年12月15日公開)の予告編やポスターは公開されたものの、昨年(2016年)に『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で始まった“アナザー・ストーリー”の新情報は発表されなかった一部では『オビ=ワン』が発表されるといわれていたが、やはり噂は真実ではなかったということか……。

しかしながら「スター・ウォーズ・セレブレーション」の舞台裏では、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長が、MTVの取材に対して、今後の『スター・ウォーズ』の構想について語っていたようだ。

“アナザー・ストーリー”第3作は「2017年夏発表」?

『ローグ・ワン』に始まった“アナザー・ストーリー”は、現在第2作となるハン・ソロ(仮題)』の撮影中。MTVのインタビュアーは、ケネディ社長に「オビ=ワンの映画」という具体例をも示しながら“アナザー・ストーリー”の第3弾について尋ねている。社長は『オビ=ワン』にこそ言及しなかったものの、その発表時期をこう示唆した。

「(発表に)近づいていると思います。私自身は近いうち、夏頃(の発表)を希望していますが、創作の進行を邪魔したいとは思いません。それは作品のものですからね。今は話し合いの最中なんです」

あくまで一個人の発言とはいえ、ルーカスフィルムの社長が夏頃の発表を望むことにはなんらかの根拠があるはずだ。この情報は有力なものとみられるが、さて、実際に発表されるタイミングはいつになることか……。

ちなみに“アナザー・ストーリー”繋がりの話題として、ケネディ社長は『ハン・ソロ』にまつわる“とある情報”をきっぱりと否定している。その情報とは、ディズニー会長のボブ・アイガー氏が、同作では「ハン・ソロという名前を手に入れるまで」が描かれると語ったことだ。

「ボブが意味したことのすべてはわかりません。しかしハン・ソロの名前には多くの意味がありますが、それが彼の名前ではないということはないんです。ハン・ソロは明らかに彼の名前です。いつでも彼の名前です(笑)」

おそらくアイガー氏の発言は、なんらかの勘違いによるものだろう。若かりし頃のハン・ソロを主人公に、その出会いの数々が描かれるというプロットの紹介に間違いはないはずだ。

2020年以降の『スター・ウォーズ』は「もうすぐ決断」

アイガー氏は、『ハン・ソロ』について語ったのと同じ時に「『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降に起こりうることを話し始めている」と述べていた。ケネディ社長もこれを否定していないが、こちらはまだ発表までに少し時間がかかるのかもしれない……。

「みなさんが“もちろん、次の20年も決まっていますよ”って言う私を見たいのはわかるんですが、そうは言いません。私たちは話し合いや打ち合わせをしたり、我々自身や観客のみなさんに関するものの観察やチェックに多くの時間を使っているのです。それらすべてが、私たちの意思決定の一部なんです」

新しいサーガを再び作るのか、一度『スター・ウォーズ』を中断するのか、それともルーク・スカイウォーカーの物語を継続するのか……。ほかでもないルーカスフィルムもまた、自らに「そんな問いかけをしているところ」だという。それでもケネディ社長は、最後に「もうすぐ決断します」と話している。本当にそうなるのか、それともリップサービスの一種なのだろうか?

『スター・ウォーズ』40周年という節目に開かれた「スター・ウォーズ・セレブレーション2017 オーランド」は、なんと7万人以上の観客を動員して史上最大の盛り上がりをみせたという。これは古くからのファンはもちろん、新たな作品が生んだファンをも巻き込んだ結果だろう。次回開催となる2019年には、おそらく『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の最新情報が公開されるはずだ。では、そのとき未来の『スター・ウォーズ』はどんなふうに語られているのか。今から楽しみにしているファンは少なくないに違いない。

Source: https://www.facebook.com/MTV/videos/1536849209690591/
http://collider.com/star-wars-spinoff-kathleen-kennedy/
http://www.starwars.com/news/thank-you-for-an-amazing-star-wars-celebration
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=7XnY-ZzOg3M
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly