【噂】2019年以降の『スター・ウォーズ』は『オビ=ワン』『ボバ・フェット』そして“若者向け恋愛映画”?真相はいかに

2016年末、『スター・ウォーズ』のアナザー・ストーリー・シリーズは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で華々しくその幕を開けました。現在は第2作『ハン・ソロ(仮題)』の撮影が進んでいるほか、ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガー会長が「『エピソード9』以降について話し始めている」と先日発言したことで、シリーズの今後にさらなる期待が寄せられています。

今回、シリーズのファンサイト「スター・ウォーズ・ニュース・ネット」は、『エピソード9』が公開される2019年以降の『スター・ウォーズ』の計画を入手したことを明かしました。同サイトによると、それらの情報は、アイガー会長の発言が公になる以前に、とある情報源から手に入れたものだとか。

本記事では、同サイトが報じた情報の一部をご紹介します。しかしながら、言うまでもなく、これらの情報はすべて噂の範疇を出ないものです。いずれも興味深い内容ですが、これらの計画は真実なのでしょうか、それともデタラメなのでしょうか……。

『オビ=ワン』『ボバ・フェット』そして謎の作品

『スター・ウォーズ』のファンたちは、今後のアナザー・ストーリー(スピンオフ)作品として、ユアン・マクレガーによるオビ=ワン・ケノービや、熱狂的ファンが少なくないボバ・フェットの単独作品をこれまで有力視してきました。実際、ボバ・フェットの企画は『ファンタスティック・フォー』(2015年)のジョシュ・トランク監督がメガホンを取る方向で製作が始動したようです。「スター・ウォーズ・ニュース・ネット」によれば、これら2作品の計画は現在も進行しているとのこと。

僕が『ローグ・ワン』『ハン・ソロ』の次は『オビ=ワン』でなく『ボバ・フェット』だと確信する2つの理由

『オビ=ワン』

『スター・ウォーズ』のうち、オビ=ワン・ケノービというキャラクターは、これまで単独作品の実現可能性がもっとも高いとみられてきました。情報源の人物によれば、ルーカスフィルムは、いよいよ彼を主人公とした作品に本格的に取りかかろうとしているようです。

「キャスリーン・ケネディ社長とルーカスフィルムのスタッフは、オビ=ワンの映画を作る気満々なんだよ。『エピソード3/シスの復讐』と、『エピソード4/新たなる希望』の間のストーリーを、ユアン・マクレガーと一緒にね」

同氏によると、『オビ=ワン』は3部作ではなく1本限りの作品になるとのこと。また、『ローグ・ワン』を手がけたギャレス・エドワーズが監督に復帰する可能性があるといいます。なんでも、『ローグ・ワン』でのギャレスの仕事ぶりにケネディ社長が満足したことが理由だとか。ただし情報源の人物によれば、「プロデューサーと脚本家は『ローグ・ワン』とは別人になる」ようです。

ちなみに『オビ=ワン』の製作は、2017年4月開催の「スター・ウォーズ・セレブレーション2017」で、最大のサプライズとして発表されるかもしれないそう。同氏によれば、イベントに向けて宣伝素材が製作されているとのことですが……。

ユアン・マクレガー、『オビ=ワン』スピンオフの質問を何度も尋ねられる事にウンザリ「屈辱的だよ」

『ボバ・フェット』

かつてジョシュ・トランクが監督を務める予定だった『ボバ・フェット』は、2015年の「スター・ウォーズ・セレブレーション」での発表直前に製作中止となりました。しかし2016年12月、映画情報サイト「マイ・エンターテイメント・ワールド」に、『アンタイトルド(無題)・ボバ・フェット・スター・ウォーズ・アンソロジー・フィルム』なる作品の情報が掲載されています。やはり『ボバ・フェット』企画の再起動は間違いないのでしょうか?

『スター・ウォーズ』ボバ・フェットのスピンオフ企画が再始動?映画情報サイトに気になる動き

情報源の人物は、まだ『ボバ・フェット』の企画が生きていることを明かしつつ、同作が「(ボバ・フェットの)オリジン・ストーリーにはならない」と話したようです。上記の映画情報サイトには「オリジン・ストーリー」とハッキリ書かれていたので、さっそく情報が食い違っていることになりますが……。「スター・ウォーズ・ニュース・ネット」には、情報源の人物の発言がこう記されています。

「厳密に言えばボバ・フェットの映画じゃなくて、賞金稼ぎたちの冒険を描く映画なんだよ。ボバ・フェットは主人公じゃないけど、作品の重要な要素になるんだと思う」

同氏によると、『ボバ・フェット』には、ジョシュ・トランクが監督する予定だったものと同じアイデアが基本的には使われるとのこと。製作が中止になった時点では脚本は未完成だったものの、脚本家として参加していたサイモン・キンバーグの努力によって、状況は進展しているということです。

『スター・ウォーズ』で若者向け恋愛映画?

そして、今回の情報のうち、一番なんとも言えないのがこちら。『オビ=ワン』『ボバ・フェット』につづく作品として製作されるという“若者向け映画”の話題です。

「ヤング・アダルト層の観客をターゲットにしたプロジェクトで、ちょっとロマンティックなテーマの作品になる。ストーリーは悲劇で、“ラブストーリー”としては『エピソード5/帝国の逆襲』のハン・ソロとレイアのロマンスに似た切り口だ」

エピソード2聞けば聞くほどなんとも言えないですが、「スター・ウォーズ・ニュース・ネット」は、2014年公開の恋愛映画『きっと、星のせいじゃない。』の原題、“The Fault in Our Stars”をもじって、“The Fault(過ち) in Our Star Wars”などと形容しています。早くも皮肉でしょうか?

ちなみに情報源の人物によると、この映画は「女性監督が『スター・ウォーズ』を撮る第一歩」になるとのこと。たしかに、キャスリーン・ケネディ社長は、以前、『スター・ウォーズ』に女性監督を起用したいという意思を示していました。果たしてどうなることやら……。

『ローグ・ワン』が「スター・ウォーズ」の未来を占う。ルーカス悲願のアナザー・ストーリー、今後は女性監督も起用へ

『エピソード9』以降は数年間のお休み?

このたび情報として語られたのは、『オビ=ワン』『ボバ・フェット』、そして恋愛映画の3本でした。しかし情報源の人物によると、『エピソード9』が公開される2019年以降、『スター・ウォーズ』の映画を数年お休みする計画もあるようです。主な理由は、ルーカスフィルムが『スター・ウォーズ』のテレビ版に集中するため、そして観客に「スター・ウォーズを観たい!」という飢餓感を与えるためだとか。

今回、情報源の人物が話してくれた内容に信憑性があるかどうかは、来る「スター・ウォーズ・セレブレーション2017」で『オビ=ワン』が発表されるかどうか、という点でまずは判断できそうです。ただし、いずれにせよ早くて3年ほど先の話ですから、もし現時点では正しい情報だとしても、フタを開けてみればまるで別物になっている可能性もあるでしょう。「同じアホなら踊らにゃ損」という言葉もありますし、せっかくですから、こうした噂も含めてあれこれ想像する過程を楽しみたいものです。

Sources: https://www.starwarsnewsnet.com/2017/03/do-not-post-lucasfilms-post-star-wars-episode-ix-plans.html
http://www.cosmicbooknews.com/obi-wan-boba-fett-young-star-wars-movies-rumored
Eyecatch Image: http://www.businessinsider.com/new-star-wars-movie-release-dates-2015-8
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。