Menu
(0)

Search

【解説】『シュガー・ラッシュ:オンライン』プリンセス集合シーンが出来るまで ─ 時代と共に進化するディズニーのプリンセス像

シュガー・ラッシュ:オンライン
© 2018 Disney. All Rights Reserved.

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』は、インターネットの世界を舞台に、ラルフとヴァネロペが様々な仲間たちと出会う。中でも見どころとなるのは、歴代のディズニー・プリンセスたちが一堂に会し、ヴァネロペを迎えるシーンだ。本記事では、この夢のシーンについて解説しよう。

自身が暮らすゲーム「シュガー・ラッシュ」筐体のハンドルが壊れてしまったヴァネロペは、e-bayでハンドルを手に入れるためラルフと共にインターネットの世界へ飛び込む。その冒険の中で、ヴァネロペはディズニーの公式サイトのひとつ、Oh My Disneyを訪れる。そこでヴァネロペは、ディズニー映画に登場するプリンセスたちと出会うのだった。ここでは、白雪姫、シンデレラ、オーロラ、アリエル、ベル、ジャスミン、ポカホンタス、ムーラン、ティアナ、ラプンツェル、メリダ、アナ、エルサ、モアナが一斉に登場する。

アイデアは「もしも」から

このシーンを生み出した本作脚本のパメラ・リボンが米Comicbook.comに明かしたところによると、構想を考え始めたのは、実に2014年まで遡るという。当時、まだ『モアナと伝説の海』(2016)に取り組んでいたはパメラは、「ヴァネロペだってプリンセスだ」と考えた。たとえば、「あらゆるプリンセスの中でも、私はフーディー(≒パーカーやトレーナー)を着たプリンセスだ、ラクな服でもいいじゃないか」といった自覚だ。そんなアイデアを頭の片隅に置いてたパメラは、『ズートピア』(2016)の仕事を終えると、このシーンに切り込みを入れ始める。本作のテーマであるインターネットについて製作陣と話すうち、ポイントは「メタ的」な部分にあり、プリンセス集合シーンもメタ的なものになるだろうと気付いていた。「ディズニーが自分で自分を小突くようなシーンになったら楽しいですよね」、と。

(※メタ的とはどういう意味か?少々説明が難しいのだが、通念のひとつ上の階層にある要素のことをメタという。例えば、『デッドプール』が映画の中で、物語の枠を飛び越えたギャグを言うのは、とてもメタ的だ。)

パメラは、「もしヴァネロペがプリンセス全員と会ったらどうなるか」というアイデアを広げ始める。公開版ではラルフがYoutuberのようなネット上の有名人となっていたが、初期の構想ではプリンセスと会ったヴァネロペがバズを起こすというアイデアもあったようだ。

その時パメラは、「もしヴァネロペがプリンセスに会ったら、最初に来る質問は”あなたは何のプリンセスなの?”じゃないか」と考え始めた。このアイデアの是非を友人にメールで尋ねたところ良い反応が返ってきたことから、パメラはシーンの執筆を始める。しかし…。

「シーンを書いて読んだ時、パニックになりました。床に横になって、”これ、私がクビになるか、とんでもない大事(おおごと)になるかだな”と思いました。」

パメラによれば、彼女の初稿は「読めたもんじゃない」ものだったという。どんな内容だったかは語られていないが、どうやら良い代物は書けなかったようだ。それでも、ヴァネロペがOh My Disneyの世界に飛び込んでからプリンセスたちが部屋着に身を包むという下りは、初稿からきちんと受け継がれたものだったそう。

なお、米Mashable(Mashableは劇中にもポップアップ作戦の対象先として名前が登場する)によれば、プリンセスの控室のデザインに影響を与えたものに、カリフォルニアのディズニーランド内、カリブの海賊の上にあった「Dream Suite」がある。2008年にオープンし、2014に閉業してしまっていたもので、ランダムに選ばれたゲストだけが入ることの出来る秘密の場所だった。

Oh My Disneyの世界

インターネットの世界を自由に描いた同作にとっても、このシーンでOh My Disneyを選んだことには狙いがあった。実在するこのサイトはディズニーによる公式の場でありながら、公式サイトでは取り上げないようなファン目線のカジュアルな記事やクイズなどが提供されており、ネット時代のファン・マーケティングに求められる「小回りの良さ」「親しみやすさ」から成るサイトだ。もちろんヴァネロペの行き先は、ディズニーの本家公式サイトであるDisney.comでも良かった。ただしこちらの公式サイトでは、パメラ曰く「パークやチケットみたいなものになっちゃう」、つまり少々お堅い空間になってしまう。「でも、ここ(Oh My Disney)は純粋なファンダム(=ファンの集合体)ですから。

劇中で描かれるOh My Disneyの世界は、『スター・ウォーズ』の戦闘機が空を飛び交い、バズ・ライトイヤーやベイマックスがグリーディングを行い、側からアイアンマンが着地するという夢のような場所だった。マーベル映画のファンは、ベビー・グルートから、マーベル・シネマティック・ユニバースの知られざる真実を引き出すチャンスを待って列を作っている。

パメラはこの空間について、コミコンやD23といったポップカルチャーのファンが集まるイベントを意識したという。こういった空間は「自分の好きなものを、大胆に、真面目に愛でることができる場所で、周りの人達も自分と同じように愛でている」場所であり、「ヴァネロペが新たなファミリーやプリンセスたちに出会い、自分でも知らなかった居場所を見つける」ための場所として最も安全であると、パメラは考えた。

プリンセス歴代声優も集合

プリンセスたちの声優には、米国版と日本語吹き替え版と共に、可能な限りオリジナル版のキャストが再集合した。日本語吹替版では、オリジナル版ではすずきまゆみがムーランとアリエルを担当していたが、本作ではアリエル役を小此木まりが務めている。また、『美女と野獣』ベルの日本語吹替版声優は、伊東恵里から平川めぐみに交代している。

『白雪姫』(1937)の白雪姫役アドリアナ・カセロッティは1997年に、『シンデレラ』(1950)アイリーン・ウッズは2010年に亡くなっており、『眠れる森の美女』(1959)オーロラ姫役メアリー・コスタはご高齢のため新たな声優が起用されている。ちなみに、白雪姫を演じたのは脚本のパメラ・リボンである。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』プリンセス役声優一覧

  • 白雪姫(白雪姫):パメラ・リボン/小鳩くるみ
  • シンデレラ(シンデレラ):ジェニファー・ヘイル/鈴木より子
  • オーロラ(眠れる森の美女):ケイト・ヒギンズ/すずきまゆみ
  • ムーラン(ムーラン):ミン・ナ/すずみまゆみ
  • エルサ(アナと雪の女王):イディナ・メンゼル/松たか子
  • アナ(アナと雪の女王):クリステン・ベル/神田沙也加
  • アリエル(リトル・マーメイド):ジョディ・ベンソン/小此木まり
  • ベル(美女と野獣):ペイジ・オハラ/平川めぐみ
  • ジャスミン(アラジン):リンダ・ラーキン/麻生かほ里
  • ポカホンタス(ポカホンタス):アイリーン・ベダード/土居裕子
  • ラプンツェル(塔の上のラプンツェル):マンディ・ムーア/中川翔子
  • メリダ(メリダとおそろしの森): ケリー・マクドナルド/大島優子
  • モアナ(モアナと伝説の海):アウリイ・クラヴァーリョ/屋比久知奈
  • ティアナ(プリンセスと魔法のキス):アニカ・ノニ・ローズ/鈴木ほのか

伝説のアニメーターもカムバック

古今のプリンセスたちを再演させるにあたって、ディズニー映画の伝説的なアニメーターであるマーク・ヘンがスーパーバイザーを務めた。マークは1981年のディズニーアニメ『きつねと猟犬』でアシスタントをこなしてから、1983年の『ミッキーのクリスマスキャロル』でアニメーターとしてデビュー。以来数多くのディズニー作品を手がけており、オリジナル版におけるアリエルやベル、ジャスミン、ポカホンタス、ムーラン、ティアナのアニメーションは彼の仕事によるものだ。

プリンセスの作画を務めたキーラ・レートマキは、ディズニー映画におけるキャリアが比較的新しく、初従事作品は2010年の『塔の上のラプンツェル』。以来『シュガー・ラッシュ』(2012)『アナと雪の女王』(2013)『ズートピア』(2016)や『モアナと伝説の海』に携わったキーラも、ディズニーのクラシック・アニメの研究を重ねた。プリンセスたちの特徴をできるだけ見つけ出し、映画に取り入れられるように努めたという。

時代のプリンセスを象って

ディズニー・プリンセスは、憧れの女性像の象徴だ。プリンセスをプリンセスたらしめるものは何か。華やかな衣装、側には王子様…。そんなプリンセス像は、時代と共に大きく変化した。新たなディズニー映画が発表されるたび、いつだって批評家は「今度のプリンセス像はどうか」と吟味した。「もうプリンセスは王子様を必要としないんだ」「どんな人種でもプリンセスになれるんだ」、ディズニーは、世相を反映しながらプリンセス像のアップデートを繰り返してきた。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』がそこに加えたのは、ヴァネロペだ。「ラフな服を着た、元気で小さな女の子がディズニー・プリンセスに交わるというのは、確かに進歩ですね」とヴァネロペ役サラ・シルバーマンは語る。「これまでのプリンセスたちがどれだけ偉大で象徴的だろうとも、ディズニーは私たちの世界をより包括、反映させながら(プリンセス像を)育てて変化させてきたでしょう。」『シュガー・ラッシュ:オンライン』で集合した古今東西のプリンセスには、誕生から実に81年にもなる白雪姫もいる。それでも彼女たちは、最新のプリンセスと最新のスクリーンの中にいてもなお褪せない。サラに言わせれば、ディズニーのプリンセス像は常に進化を続けているからこそ「時代遅れの遺物になることがない」のだ。

ラルフ役のジョン・C・ライリーは、「良くも悪くも、”プリンセス”まわりのステレオタイプの多くをずっと創り続けてきたディズニーという会社の映画で、世の少女たちに新たなプリンセス像を与えるんです」と自信をのぞかせる。「これはディズニー清算の瞬間ですし、世界が清算する瞬間。女の子たちがこの映画を観てくれることにすごくワクワクしています。」

ヴァネロペ役のサラの本業のひとつはコメディアンで、性差別など社会風刺ネタが得意。「サラもとても強い女性ですし、彼女がディズニーのアニメの中で真実を語るなんて、素晴らしいことですよね」とジョン。劇中でプリンセスたちは、男性支配社会からの自立心の有無をヴァネロペに問う。これは、各世代から集まった彼女たちが問うからこそ意義を帯びる。その中には、かつて男性のキスがなければ目覚めることもできない者もいた。「背が高くて強い男性に幸せにしてもらったって、皆に思われてる?」プリンセスに問われたヴァネロペは答える。

「そう!でも、それが何なの?」

『シュガー・ラッシュ:オンライン』公式サイト:https://www.disney.co.jp/movie/sugarrush-ol.html

Source:Comicbook.com,Mashable,USA Today

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly