不安視されていた映画『スーサイド・スクワッド』が記録を塗り替えるスマッシュ・ヒット!監督も喜びの声

映画『スーサイド・スクワッドが8月5日にアメリカで公開された。公開直前に悪評が飛び交い、良くない噂もリークされるなど厳しい状況での封切りとなったが、フタを開ければなんと記録を塗り替えるスマッシュ・ヒットになっていた!

『スーサイド・スクワッド』早くも大荒れ!相次ぐ低評価にファンが抵抗、ワーナーの暴走も暴露される

【続報】『スーサイド・スクワッド』監督が本編別バージョンの存在を否定!未公開シーンはDVD・Blu-rayに収録か

8月公開映画のオープニング記録を更新

映画『スーサイド・スクワッド』はアメリカの劇場4,255館で、8月5日(金)から7日(日)の3日間に約1億3,500万ドルの興行収入を叩き出している。これは8月に公開された映画の歴代オープニング記録を更新する数字で、これまでは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の約9,400万ドルが最高記録だった。

オープニングの興行収入を劇場数で平均すると、すでに1館につき3万ドル以上を稼いだことになる。ちなみにIMAXシアターで上映された劇場は4,255館のうち382館で、興行収入は約1,100万ドルだ。

http://collider.com/suicide-squad-margot-robbie-interview/

http://collider.com/suicide-squad-margot-robbie-interview/

また『スーサイド・スクワッド』はアメリカだけでなく世界中で好調なスタートを切っている。すでに57地域の17,670館で上映されており、公開から5日間で約1億3,200ドルの興行収入を記録したのだ。

以前ハリウッド・レポーター誌は「興行収入的には7億5,000万ドル以上で成功」と報じていたが、すでに総興行収入は2億6,700ドル以上に達している。もちろん今後の展開次第だが、目標達成も決して夢ではないだろう。

関係者も驚きの大ヒット

もっとも、今回のスマッシュ・ヒットは関係者にとっても予想外だったようだ。ワーナー・ブラザース社の配給チーフであるジェフ・ゴールドスタイン氏は「想像以上の結果だ」と語っており、デヴィッド・エアー監督も喜びの声をツイートしている。

『スーサイド・スクワッド』は9月10日公開予定。日本でもヒットしますように!

source:http://www.comingsoon.net/movies/news/754331-suicide-squad-opens-to-267-million-worldwide
http://variety.com/2016/film/news/suicide-squad-box-office-will-smith-1201832158/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。