Menu
(0)

Search

スーパーマンの死と復活、『バットマンvsスーパーマン』と『ジャスティス・リーグ』で全く同じ瞬間に起こる ─ 「偶然ではない」とザック・スナイダー監督

バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生
© Warner Bros. Entertainment, Inc.

ザック・スナイダー監督によるDC映画バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(アルティメット・エディション)とジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』の2作に驚くべき仕掛けが隠されているとして、ファンの間で話題になっている。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『ジャスティス・リーグ』の内容が含まれます。

『バットマン vs スーパーマン』ではスーパーマン/クラーク・ケントの死が、そして『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』ではその復活が描かれた。『バットマン vs スーパーマン』でのスーパーマンの死は2時間38分57秒に起こるが、『ジャスティス・リーグ』でスーパーマンが復活するのも、全く同じ2時間38分57秒だというのだ。

さらに興味深いことに、この2時間38分という数字にも意味があるようだ。新約聖書「ヨハネによる福音書」ではイエス・キリストによる友人ラザロの蘇生が描写されるが、それが記されているのは11章38節。11を1+1=2として2:38とすれば、聖書の内容にも一致しているのである。

スーパーマンの死と復活はともかくとして、聖書との一致についてはほとんど都市伝説のような仕掛けだ。ところが、バーチャル・イベントでこの真偽を尋ねられたスナイダー監督は「マジかよ(C’mon guys!)」と、細かな仕込みに気づかれたことに驚いた様子を見せているのである。さらに、「意図的かもしれないし、偶然かもしれない。でも偶然だとしたら、こんな偶然あります?ということは、偶然じゃないんですよ」と説明。つまり意図的なものであると、遠回しに認めているのだ。

神話のようなアプローチでスーパーヒーロー作品を映像化しているザック・スナイダー監督。超人であるスーパーマンの死と蘇生を同じタイムスタンプに描くとは、なんと手の込んだイースターエッグだろう。スナイダー作品の奥深さを物語る、興味深い仕掛けだ。

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は2021年5月26日よりダウンロード販売/デジタルレンタル先行配信開始、6月25日より4K ULTRA HD&ブルーレイ発売。『バットマン vs スーパーマン』アルティメット・エディションと同時に再生すれば、同じ瞬間にスーパーマンの死と蘇生が描かれるということだから、神秘的な鑑賞体験が楽しめるかもしれない。

Source:Justice Con

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly