Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』旧3部作エディターが続3部作を批判「スター・ウォーズをわかってない」

ハン・ソロ
Ph: Film Frame © 2014 Lucasfilm Ltd. & TM. All Right Reserved.. 写真:ゼータイメージ

スター・ウォーズ旧3部作の編集を手掛けたマーシア・ルーカスが、書籍『Howard Kazanjian: A Producer’s Life(原題)』の中で『スター・ウォーズ』ディズニー傘下の続3部作を批判しているとして、米Varietyなどのメディアで話題になっている。

マーシア・ルーカスは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)の編集でアカデミー編集賞に輝いたベテラン。『エピソード5/帝国の逆襲』(1980)『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)の編集も手掛けているほか、ルーカス初期作『アメリカン・グラフィティ』(1973)やマーティン・スコセッシ『タクシー・ドライバー』(1976)にも参加。ジョージ・ルーカスの元妻でもある。

様々な映画プロデューサーに迫る書籍『Howard Kazanjian』の中でマーシアは、『フォースの覚醒』(2015)『最後のジェダイ』(2017)をバッサリと酷評しているようだ。マーシアは、ルーカスフィルム社長として続編を主導したキャスリーン・ケネディについては「非常に聡明で明るい方。本当に素晴らしい女性」「キャスリーンのことはずっと好き」と好意を示しながらも、「キャスリーン・ケネディとJ・J・エイブラムスは『スター・ウォーズ』を全くわかっていない」と痛烈批判していると紹介されている。特にご立腹なのは、『フォースの覚醒』でハン・ソロが殺されてしまった展開で、「そこに韻も理由もなにもない。“ジェダイの物語も、『スター・ウォーズ』の魔法も何もわかってない。ハン・ソロを退場させるなんて”と思った」とストレートだ。

さらに「ルーク像も崩壊させ、ハン・ソロも殺した。ルーク・スカイウォーカーも殺してしまって、レイア姫はもういない」と続け、「そんな映画を毎年吐き出している」と酷評。「女性の観客にアピールするのが大切だと思ったから、主人公は女性。ジェダイの力を持っていることになっているものの、なぜ彼女がジェダイの力を得たのかは不明。何者なのかも不明」と、3部作の主人公となったレイの描き方にも大いに疑問視している。続けて、「最悪。ストーリーラインが酷い。ただただ酷い。最低」と、歯に衣着せぬ言葉を投げている。

マーシアは1983年公開の『ジェダイの帰還』以来、映画編集の仕事には携わっていない。しかし、『スター・ウォーズ』伝説の起源に立ち会い、創造主ジョージ・ルーカスの側にいた立場として、続編には納得できないところが大きかったのだろう。

Colliderによると、このインタビューは『スカイウォーカーの夜明け』公開前に収録されたものだという。「名編集者がスカイウォーカー・サーガの結末をどう捉えたかはわからないが、彼女のこのコメントを見る限り、続編シリーズへの印象が変わったとは考えにくいだろう」とCollider。確かに『スカイウォーカーの夜明け』では、マーシアがかつて編集室で対峙したであろう皇帝パルパティーンが復活し、もうひと暴れを起こす。レイの出自も明らかになり、やはり賛否を招いている。一体彼女は、『スカイウォーカーの夜明け』をどう見たのだろう。

あわせて読みたい

Source:Variety,Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly