Menu
(0)

Search

『アイアンマン』テン・リングスとマンダリン、今後のMCU映画に登場へ ─ マーベル・スタジオ社長が認める

マーベル
※画像はイメージです。

アイアンマン』(2008)から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)11年間の物語が『アベンジャーズ/エンドゲーム』で完結を迎えた今、マーベル・スタジオは、いまだ回収されていない伏線を回収すべく動き出そうとしている…のかもしれない。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『アイアンマン』(2008)に登場したテロ組織「テン・リングス(Ten Rings)」と、『アイアンマン3』(2013)のマンダリンが今後の映画に再び登場することを認めた

この記事では、映画『アイアンマン』『アイアンマン3』およびマーベル・ワンショット『王は俺だ』の内容に言及しています。

アイアンマン3
『アイアンマン3』(c)2013 Marvel

テン・リングスとマンダリン、MCUへ再登場

このたびケヴィン社長は、米国の大手掲示板サイト「Reddit」の一問一答企画「Ask Me Anything」に登場。あるユーザーからの「『アイアンマン』に登場したテン・リングス、あるいは『王は俺だ』で示唆された“本物の”マンダリンを登場させる計画はありますか?」との問いかけに「イエス」とだけ答えている。

https://old.reddit.com/r/marvelstudios/comments/bp084n/hi_reddit_im_kevin_feige_amaa/enn7pq7/ スクリーンショット(2019年5月17日23時時点)

ケヴィン社長の回答は、今後控えているMCU作品に関して具体的な情報を明かすものではない。しかし、長らくMCUの物語においては焦点が当てられていなかった部分に再び回帰することはどうやら間違いなさそうだ。

テン・リングスは『アイアンマン』でトニー・スターク/アイアンマンを拉致するも、同作のラストでトニーによって事実上の壊滅状態となっている。ただし残党はその後も生き延びており、『アイアンマン2』(2010)ではその存在が示唆され、『アイアンマン3』でも言及されている。ちなみに『アントマン』(2015)では、ダレン・クロスがイエロージャケットのスーツを企業に売り込む場面で、あるバイヤーの首にテン・リングスのタトゥーが入っていた。どうやら、組織はいまだ水面下で活動を続けているらしい。

一方のマンダリンはテン・リングスのリーダーであり、『アイアンマン3』で登場した…のだが、実は劇中に登場したのは本物のマンダリンではなく、アルドリッチ・キリアンに雇われてマンダリンを演じていた俳優トレバー・スラッテリーにすぎなかったことが判明する。もちろん、自分の名を騙られた“本物の”マンダリンはトレバーを良く思っていなかった模様。「マーベル・ワンショット」として製作された『王は俺だ』(2014)では逮捕後のトレバーが描かれるが、インタビューに訪れたドキュメンタリー作家の男は、実はテン・リングスのメンバー。男は本物のマンダリンに会わせるべく、刑務所からトレバーを脱獄させるためにやってきたのだ。

ここにきてテン・リングス&マンダリンが再登場するということは、かつて『アイアンマン』に始まったテン・リングスの物語が、再び何らかの形で前面に出てくるということだろう。MCUの物語がちょうど一周した今、その始まりに登場したものが再び戻ってこようとしている、その真意とは?

現在、すでにテン・リングスとマンダリンの再登場作品についてはファンの予想レースが始まっている。コミックのマンダリンが中国系の人物であることから、にわかに有力視されているのは、初のアジア系ヒーロー映画『シャン・チー(邦題未定、原題:Shang-Chi)』だ。しかし常にファンの予想を裏切ってきたのがMCUである、実際に何が控えているかはフタを開けてみるまでわからない。そもそも『アイアンマン3』のマンダリンこそ、まさにそんな存在だったではないか。

ところで本物のマンダリンが登場するということは、いよいよベン・キングズレーが演じた偽マンダリン、トレバー・スラッテリーも一緒に帰ってくるということだろうか。そうだとすれば、トレバーの復活が楽しみだという方も決して少なくはないはず…!

あわせて読みたい

Sources: Reddit, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly