『ザ・バットマン』やはり2018年公開予定!撮影は2017年春からで確定

ベン・アフレックが脚本・監督・主演を務める、映画『ザ・バットマン(仮題)』から信頼できる最新情報が届いた。ここ最近、本作にはあらゆる情報や噂が飛び交っており、いつから撮影が始まるのか、そして公開はいつになるのか、製作現場の実情がつかめない状況が続いていたのである。

今回情報を語ってくれたのは、ワーナー・ブラザース社で企画開発と国際製作を担当してきたグレッグ・シルバーマン氏と、ほかでもないベン・アフレック本人だ。ふたりの発言によると、『ザ・バットマン』は2018年の公開を目指してプロジェクトが進行しており、撮影は2017年春からスタートするという。大方の予想通りではあるものの、確たる人物が証言したことは大きな進歩といえるだろう。

『ジャスティス・リーグ』2作目が製作延期へ!ベン・アフレック版『ザ・バットマン』製作のため

ワーナー・ブラザースの重要人物であったシルバーマン氏は、自分自身のビジネスをスタートさせるため、現在のポストを退くという。Deadlineの取材でその経緯を語った彼は、そこでワーナーがこれから配給する注目作をいくつも挙げている。シルバーマン氏は2018年の作品に「ベン・アフレックの『ザ・バットマン』がある」と話したのだ。

もっとも、同じDCエクステンデッド・ユニバース作品である『アクアマン』が2018年10月5日に全米公開されることを考えると、やはり近い時期の公開は避けられるのではないだろうか。したがって『ザ・バットマン』は、タイム・ワーナー社CEOのジェフ・ビュークス氏が以前示唆していた2018年春か、あるいは少しずれ込んで2018年末~2019年初旬の公開になるものと予想される。

ベン・アフレック版『バットマン』まさかの早期公開へ!DC映画のスケジュールに大波乱の予感

またバラエティ誌によれば、ベン・アフレック自身が、『ザ・バットマン』の撮影は2017年春に始まる予定だと明かしたという。製作の現状について、アフレックはこう語っている。

「いい方向に進んでるし、すべてが順調だ。僕らは脚本の仕上げをしているところだよ。とてもワクワクしてる」

先日デスストローク役のジョー・マンガニエロが「撮影は今年始まる」と述べてファンを混乱させたが、おそらくその発言は彼の勘違いだったのだろう。

映画『ザ・バットマン(仮題)』は2018年公開予定。ようやくこのように書けることが筆者としてもすごく安心だ。

ベン・アフレック『ザ・バットマン』はノーラン版を超えたい?かつての主演作『デアデビル』を反省

sources: http://deadline.com/2016/12/warner-bros-shakegreg-silverman-toby-emmerich-takes-top-production-post-1201870911/
http://variety.com/2016/film/news/ben-affleck-batman-live-by-night-1201941876/
Eyecatch Image: http://www.digitaltrends.com/movies/ben-affleck-batman-script/ (remixed by THE RIVER)

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • OP3-C 2016年12月15日 at 5:01 PM

    Batman楽しみです!!!!

    しかしThe Flashがどうなるのか早く情報ほしいですね。ちゃんと作って欲しい!!!!

    Reply