Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』のゴッサムシティ、「今までとは違う、触れられるような」リアリティ目指す

『THE BATMAN-ザ・バットマンー』
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ロバート・パティンソン主演『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、DCコミックスがあらゆるメディアで描いてきた『バットマン』の世界をふたたび刷新する。新たにジェームズ・ゴードン刑事役を演じるジェフリー・ライトが、マット・リーヴス監督の“リアリティ重視”のアプローチを語った。

『ザ・バットマン』はバットマン/ブルース・ウェインの若き日を描く物語。キャットウーマン、リドラー、ペンギンといった人気ヴィランも登場するが、まだヴィランとしての成熟を遂げる以前の姿で登場するようだ。ジェフリーは米IndieWireにて、リーヴス監督には「明確かつ明快なビジョンがある」と述べた。

「(監督は)腐敗や階級格差などにまつわるテーマを、現実からこの世界に取り込もうとしていました。ですから、(現実と映画には)共通点があります。ある意味、ノンフィクションをフィクションに取り入れているわけですが、そのバランスもすごく良いのです。」

リーヴス監督は以前、『ザ・バットマン』に影響を与えた作品として『チャイナタウン』(1974)や『フレンチ・コネクション』 (1971)『タクシードライバー』(1976)を挙げた。また、「とても現実的な、最も感情に訴えかけるバットマン映画になる」とも述べていたのだ。ゴードンはゴッサム市警の刑事だが、彼の拠点となるゴッサムシティも従来とはひと味違うらしい。

今までに観てきたゴッサムとは違います。私たちが実際に触れられるようなゴッサムでした。(脚本の)バットモービルの書かれ方も、本当に実在するような美しさを目指しているのがわかったほど。ニューヨークの裏通りで目を細めれば、そこに見えてくるような美しさです。」

ジェフリーいわく、『ザ・バットマン』は秘密主義が貫かれており、撮影中も「翌日の内容を知るために5段階の認証が必要だった」ほど。それゆえ、今回もこれ以上の情報は明かされていない。しかし確かなのは、製作陣が新しいゴッサムシティとバットマンをスクリーンに登場させようとしていることだ。そして、本作で描かれるゴッサムの世界観がドラマシリーズでの拡大を見据えていることだ。ゴッサム市警と街に焦点を当てるスピンオフドラマ(タイトル未定)は、既報によるとゴードン刑事が主要人物として登場する模様。リーヴス監督が仕掛け、ジェフリーが演じる“新しいゴッサム”の準備は、現在も水面下で着々と進められている。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は 2022年春劇場公開。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly