Menu
(0)

Search

『ザ・フラッシュ』マイケル・キートン、バットマン再演にディエイジング技術を使用か ─ バットケイブには「複数のスーツ」

マイケル・キートン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355458050/

DCコミックスの新作映画『ザ・フラッシュ(原題)』で、観客は2人のバットマンと相まみえる。マイケル・キートン版バットマンとベン・アフレック版バットマンだ。原作コミックの人気エピソード「フラッシュポイント」を原案とする本作では、バリー・アレン/フラッシュが複数のユニバースを渡り歩く。

このほか本作では、若いスーパーマンや新たなスーパーガールの登場が予告されており、目の付けどころは多い。ただ、往年のファンが待ち望んでいるものはやはり、ティム・バートン版『バットマン』2部作でバットマンを演じたマイケル・キートンの再登場だろう。このたびキートン・バッツに関する新情報が、ラスベガスで開催中の「CinemaCon」で明かされており、そこで披露された『ザ・フラッシュ』の予告編について、米Comicbookは記している。

「このスニークピークでは、キートンのブルース・ウェイン/バットマンがディエイジングされることになること、バットサイクル(バットポッド)も操縦することが明らかになっている。」

若返り技術が用いられているということは、『ザ・フラッシュ』で観るキートン・バッツは『バットマン』(1989)『バットマン リターンズ』(1992)での姿に近いということなのか。キートンは以前、本作での初登場シーンについて、「ティム・バートンの作品を思い出すところもある」と予告していた

また、予告映像ではフラッシュがキートン・バッツのバットケイブを訪れるシーンもあるという。バットケイブでは「複数のバットスーツが備え付けられている」と伝えられており、もしかするとキートンは新タイプのバットスーツに身を包むことになるかもしれない。ちなみにキートンは、2022年米公開予定の映画『バットガール(原題)』でもバットマン役を演じることが判明している

あわせて読みたい

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly