Menu
(0)

Search

【映像】伝説の『運び屋』どこへゆく ─ 巨匠クリント・イーストウッド&豪華キャストが作品と製作現場を語る

運び屋
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『許されざる者』(1992)『ミリオンダラーベイビー』(2004)の巨匠クリント・イーストウッドによる最新作、実話サスペンス映画『運び屋』が2019年3月8日(金)に全国公開された。

イーストウッドが監督・主演を務めるのは、『グラン・トリノ』(2008)以来、実に10年ぶり。このたび、イーストウッド自身が“伝説の運び屋”アール・ストーンという役柄や作品に対する思いを語るほか、ブラッドリー・クーパーら豪華キャストのコメントが満載の特別映像が到着した。

今回の映像は、アールが運び屋として「走り続ける」姿に重ねて、イーストウッドの「興味をそそられる物語に出会うことがある」という一言から始まる。つねに自分が演じるべき役柄や、自分が撮るにふさわしい探し続けているイーストウッドは、ニューヨークタイムズの記事を基にしたニック・シェンクの脚本を読んで本作の物語に惚れ込んだ。「これは私の以前の作品とは全然違っていた。実話に基づいている」。

イーストウッド演じるアールは、家族のために運び屋となったアールだが、別居中の妻が「あんな大金をどうしたの?」と尋ねると、「実は高級ジゴロなんだ」と冗談を飛ばし、危険な仕事で大金を得ていることは明かさない。イーストウッドは「(アールは)ロビンフッドになった気分でいた。大金を稼いで、困ってる人たちを助ける」と語っている。家族よりも仕事や他人との関係を優先し、家族に愛想をつかされてしまったアールは、90歳にして人生において大切なものに気づくことになる。

運び屋
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『アメリカン・スナイパー』(2014)以来、イーストウッドと2度目のタッグになるブラッドリー・クーパーは、麻薬捜査官コリン・ベイツ役として俳優イーストウッドとの初共演を果たした。「クリントが役に入り込む姿に感動した」と、その実感を興奮気味に語っている。また巨大麻薬組織のボスを演じたアンディ・ガルシアは、意外にも本作がイーストウッドとの初仕事。「クリントは俳優の夢だよ。彼の作品も、俳優としても」と絶賛を贈った。

さらに『ミスティック・リバー』(2003)以来の登板となるローレンス・フィッシュバーンは、イーストウッドについて「素晴らしい注意力だ。それが物語に信ぴょう性と深みと与えている」と語る。同じく『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)以来、久々のイーストウッド作品となったマイケル・ペーニャは、「クリントが作る空間で俳優が冒険する。彼はそれを記録するんです」と振り返った。

イーストウッドは「頭でなく心の声を聞くことだ。そしてキャラクターの感情を観客に届ける」と述べて、登場人物の心情を通してメッセージを伝えることが重要だと強調する。そして自身の演じる90歳の運び屋アール・ストーンについては、「人生には、越えるべき障害がある。彼は限界を超えてしまったんだ」と一言。その旅路は、いったいどんな終着点を迎えるのか……。

映画『運び屋』は2019年3月8日(金)より全国公開中

『運び屋』公式サイト:http://www.hakobiyamovie.jp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly