Menu
(0)

Search

【解説レビュー】世界はイーストウッドに『運び屋』を「撮らせてしまった」 ─ 『グラン・トリノ』10年ぶりの監督・主演映画を分析する

運び屋
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

クリント・イーストウッド監督、『グラン・トリノ』(2008)が公開されたときの熱狂はすさまじかった。現代最高の映画監督が最高傑作級の映画を撮ったから、というだけではない。80年近くに渡るイーストウッド自身の人生、映画人としてのキャリア、死生観を詰め込んだ内容に、ただただ観客は圧倒されたのである。『グラン・トリノ』はイーストウッドの遺言とも解釈され、興行的にも批評的にも大反響を呼んだ。まるで、イーストウッドの最後の言葉に耳を傾けようとするかのように。

しかし、誰もが知っているようにイーストウッドはその後も映画を撮り続けたし、『人生の特等席』(2012)では再び映画に主演している。そして、運び屋(2018)で10年ぶりにイーストウッドは監督・主演の兼任を果たした。とりあえず、本作が超絶的な傑作であることはさておき、今の時代にイーストウッドはどんな物語を描いたのだろう?

この記事には、『運び屋』および『グラン・トリノ』のネタバレが含まれています。

アールとウォルトの共通点

『運び屋』の主人公、アール・ストーン(イーストウッド)は90歳近い老人である。彼はメキシコ系の従業員に囲まれ、園芸農場の経営を生き甲斐にしてきた。ボロボロのトラックでアメリカ中の品評会を駆けめぐり、自慢のデイリリー(ユリの一種)を誇るのが至福の時間である。業界内でアールの評価は高く、品評会ではみんながチヤホヤしてくれる。

運び屋
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

しかし、仕事を優先して生きてきたアールは、元妻と長女との関係が冷え切っていた。唯一味方してくれるのは孫娘だけ。ちなみに、長女のアイリスを演じているのはイーストウッドの娘、アリソン・イーストウッドである。観客は、アールとイーストウッドの人生を重ね合わせずにいられない。

おそらく、家族に拒絶されるほどに、アールの情熱は仕事と社交に向けられていったのだろう。やがて自宅と農場が差し押さえられたアールは、出来心で「運び屋」業に手を染める。組織の命令で麻薬を車に積み、目的地へと届けるのだ。警察も老人が乗った車なら怪しむことはない。運び屋で稼いだ大金により、自宅も農場も取り戻せた。費用を出すことで、孫娘の結婚パーティーにも招待してもらえた。友人のバーも救えてみんなが感謝してくれる。アールの孤独は金で埋まっていく。

こうした設定は『グラン・トリノ』を踏襲していると見ていい。『グラン・トリノ』は典型的な保守層のアメリカ白人男性、ウォルト・コワルスキー(イーストウッド)の物語だった。朝鮮戦争の帰還兵であり、家族と疎遠になっているウォルトは人生の黄昏において、近所に住むモン族の少年、タオ(ビー・ヴァン)と交流を深めるようになる。タオと過ごすことでウォルトは異人種への偏見を払拭し、自分が重ねてきた罪を償うための方法を見つける。タイトルにあるグラン・トリノはウォルトの愛車であり、作中では古き良きアメリカのシンボルとして描かれていた。2作品とも、車が重要な役割を果たしている映画でもある。

コンプライアンス問題を象徴する描写の数々

ただし、2作品はすべての設定が似通っているわけではない。『グラン・トリノ』が死に場所を探す男の映画だったのに対し、『運び屋』は切実に居場所を求める男の映画である。それに、アールを見捨てたのは家族だけではなかった。時代の流れも残酷に、アールを切り離しにかかる。誰もが携帯電話で他人とつながり、インターネットで生活の知恵を探す時代に、アールのようなアナログな人間はついていけない。

また、冒頭からアールは友人たちと下品なスラングを交し合う。それが、彼らにとっての親しみの表現だったからだ。アールは同じ調子で、車のパンクで困っている黒人一家に「ニグロ」と呼びかけてしまう。戸惑う一家。そして、「ニグロじゃない。黒人だ」と訂正を求める。アールはピンとこない。バイカー集団に「ぼうや」と声をかけたときも、「あたしたちはダイクスよ」と返されてしまった。ダイクスとは女性の同性愛者に向けられた蔑称だが、自分で名乗るときは偏見への反発心を示しもする。髪型や服装が男性的だったのでアールには性別がわからなかったのだ。世界は、めまぐるしく変わっていく。ユリにしか興味のなかったアールが気づく由もないままに。

Writer

石塚 就一
石塚 就一就一 石塚

京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly