Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』は80%アドリブ!ベテラン俳優も絶賛、タイカ・ワイティティ監督の緻密すぎる演出術とは

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

『マイティ・ソー』シリーズの最新作、マイティ・ソー バトルロイヤルを手がけたタイカ・ワイティティ監督が、自身の取り組んだ驚くべき創作方法について明かした。なんとワイティティ監督によれば、本作は80%がアドリブで構成されているというのだ。

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014)や『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(2016)などインディーズ映画で高く評価されてきたワイティティ監督にとって、『マイティ・ソー バトルロイヤル』は初めてのスタジオ映画、初めての大作映画だ。しかしMTVのインタビューによると、監督はこれまで培ってきた自身のスタイルを曲げずに撮影に臨んだという。

「これまで撮った映画から、僕の作風と感覚を取り入れようとしたんだよ」

すでに公開された2本の予告編からは、すでに『バトルロイヤル』がシリーズの過去作品とはかなり性質の異なる作品となっていることがうかがえる。ケネス・ブラナーが撮った第1作『マイティ・ソー』(2011)から考えると、ずいぶん遠いところまで到達した印象だ。

ベテラン俳優も絶賛、ワイティティ監督の演出スタイル

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の撮影でワイティティ監督が心がけたのは、なんと俳優たちに脚本のセリフをそのまま喋らせないということだった。脚本をもとにした即興の演技、アドリブのセリフはなんと全編の約80%にも及ぶという。

「カメラの後ろや隣から、ときどき俳優たちに声をかけるのが僕の演出スタイルなんだ。“これを言って、こう言って、こんな言い方で!”ってね。アンソニー・ホプキンス(オーディン役)には喋るセリフを素直に渡そうとするところだけど、気にしなかった」

映画の撮影を脚本通りにやらないなんて大丈夫なのか……と思うところだが、もちろんワイティティ監督は、即興で演技を作ることがそう簡単ではないこともよく理解している。撮影中、監督は「とてもゆるやかな、協力的な雰囲気」を作ることに努め、現場では音楽を流し、みんなで一緒にダンスしたり、一緒に食事をしたりと撮影以外の場面にも工夫を凝らしたというのだ。「僕の映画には友達が必要だ」とワイティティ監督は話している。

そして、こうしたユニークな取り組みはきちんと功を奏したようだ。
本作でグランドマスター役を演じたジェフ・ゴールドブラムは、エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューで「特に気に入ったのは監督だよ、タイカ・ワイティティだ」と語っている。

「初めて話したとき、彼に“コミック通りでも大げさにやるんでもない、あなただけのグランドマスターをやってほしいんです。あなた自身の創造性で演じるべきだと思うんですよ。あと即興の演技で”って言われたよ。彼は即興にとても関心を持っていた。シーンの撮影はどれもすごく楽しかったね。かなり多くのパターンをやったから、どう混ざるのかは分からないけど。僕が言えるのは、彼はスゴいってことだよ。タイカ・ワイティティは最大10人のゴールドブラムから10人全員を引き出してくれた

つまりワイティティ監督が取り入れた“即興の演技”とは、決して俳優が好きに役柄を演じるということではない。リラックスしたムードで俳優同士のコラボレーションを生み出し、その中でできるかぎり多くのパターンの演技と解釈を発揮してもらうということなのだ。それを自らのビジョン通りに組み立てるのが監督の仕事、というわけだろう。

しかも驚かされるのが、実際に即興演技を求められた俳優たちがその作業をポジティブに振り返っていることだ。
たとえばソー役のクリス・ヘムズワース「毎日のように“やりすぎじゃない?こんなに面白くて大丈夫なの?”って言ってたよ」語りロキ役のトム・ヒドルストン「すばらしいよ、いい時間を過ごしている。タイカ・ワイティティのビジョンは知性やユーモア、ドラマ性にあふれてるんだ」話している。またハルク役のマーク・ラファロは、撮影最終日に「どうして僕らはクビにされてないの? こんなにヤバいことをやってるのに」と話したという。

脚本に縛られない演技を要求しながらも俳優が満足する撮影現場を作り出し、さらに自身のビジョンに沿って撮影を進めていく……。ワイティティ監督の内なる努力と苦労は想像するに余りあるが、MTVのインタビューで撮影の感想を聞かれた彼は「もちろん楽しかったよ。どうして仕事に来てイライラするの?」とも述べている。タイカ・ワイティティ、実に恐ろしい男だ。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日に日米同時公開

Sources: http://www.mtv.com/news/3026924/thor-ragnarok-taika-waititi-80-percent-improvised/
http://ew.com/tv/2017/05/08/jeff-goldblum-jurassic-world-national-geographic-explorer-thor/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly