クリス・ヘムズワース『マイティ・ソー バトルロイヤル』小道具で思わぬガッカリ ― 『アベンジャーズ』新作でも?

マーベル・シネマティック・ユニバースでソー役を演じてきたクリス・ヘムズワースが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の撮影で思わぬガッカリ体験をしていたことがわかった。米CinemaBlendのインタビューにて明かしている。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の重大なネタバレが含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル

©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ソーのアイパッチ、本物?それともCG?

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の終盤、故郷アスガルドをめぐって“死の女神”ヘラと対決するソーは、勝負の過程で右目を奪われてしまう。映画のラスト、土地としては失われてしまったアスガルドを去る脱出船の中で、ソーの右目には父親オーディンさながらのアイパッチが光っていた。

ソーのトレードマークだったロングヘアを劇中でバッサリとカットした本作に、ヘムズワースは自身の短髪姿で出演。「ウィッグがなかったのでヘアメイクが1時間かからなかった」と語るなど、彼はそのメリットを撮影中にもしっかり享受したようだ。では右目のアイパッチは本物なのか、それともCGだったのか?

「あれはね…そう、アイパッチのことは覚えてますよ。“イエー、クールだよ、いいね”って思いました。でもその後、アイパッチを付けた日には“これはバカバカしいぞ”って。とにかくアイパッチが落ちるんです。しかも留めておくものがなくて(ストラップのジェスチャー)。だからCGのアイパッチになりました。ワクワクしてたんですけどね……。」

なおヘムズワース扮するソーは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも引き続きアイパッチ姿で登場するようだ。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーと対面するシーンでは、その右目に黒いアイパッチがはっきりと確認できるのである。

 

なおヘムズワースによると、『インフィニティ・ウォー』のアイパッチも「CGですよ。顔にドットを4つ描いて、それで終わり!」だとか。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日に全国の映画館にて公開された。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Source: https://www.cinemablend.com/news/1827099/chris-hemsworth-reveals-something-very-cool-about-his-avengers-infinity-war-eyepatch
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。