Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』英語脚本が全編公開される

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『マイティ・ソー』シリーズの完結編、マイティ・ソー バトルロイヤルの英語脚本が全編公開された。映画賞シーズンの真っ只中にあって、ウォルト・ディズニー・カンパニーが検討の一材料として利用されることを意図したものだ。

このたび公開された脚本は、ウォルト・ディズニーの公式ウェブサイトにてダウンロードすることができる。本編を何度も観たという方はもちろん、一度しか観ていないという人も、ぜひその内容を復習するかわりに目を通してみてはいかがだろうか。

本作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の脚本を執筆したのは、ドラマ『エージェント・カーター』(2015-2016)のエリック・ピアソン、シリーズ前作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2012)のクレイグ・カイル、そしてコミックライターとして活躍するクリストファー・ヨストの3名だ。
しかし本作の撮影にあたっては、タイカ・ワイティティ監督によって脚本そのままではなく即興演技やアドリブを重視する演出が採用されたため、ここに記されている内容がどこまで本編と同じなのかはわからない。ブルーレイ&DVDの発売時期は未定(2018年1月8日時点)だが、発売の暁にはセリフの違いなどを事細かにチェックしてみるのもきっと面白いだろう(なお筆者が簡単に確認してみたところ、あの“助けて作戦”のくだりはそのまま記されている模様)。

なお2017年に公開されたヒーロー映画では、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』や『LOGAN/ローガン』も英語脚本が全編公開されている。いずれも何度めかの鑑賞の際には、ぜひプリントアウトしたものをお手元に置きながら本編を楽しんでみてほしい。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の映画館にて公開された。

Source: http://comicbook.com/marvel/2018/01/08/thor-ragnarok-full-script-released-online/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly