『マイティ・ソー バトルロイヤル』英語脚本が全編公開される

映画『マイティ・ソー』シリーズの完結編、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の英語脚本が全編公開された。映画賞シーズンの真っ只中にあって、ウォルト・ディズニー・カンパニーが検討の一材料として利用されることを意図したものだ。

このたび公開された脚本は、ウォルト・ディズニーの公式ウェブサイトにてダウンロードすることができる。本編を何度も観たという方はもちろん、一度しか観ていないという人も、ぜひその内容を復習するかわりに目を通してみてはいかがだろうか。


本作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の脚本を執筆したのは、ドラマ『エージェント・カーター』(2015-2016)のエリック・ピアソン、シリーズ前作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2012)のクレイグ・カイル、そしてコミックライターとして活躍するクリストファー・ヨストの3名だ。
しかし本作の撮影にあたっては、タイカ・ワイティティ監督によって脚本そのままではなく即興演技やアドリブを重視する演出が採用されたため、ここに記されている内容がどこまで本編と同じなのかはわからない。ブルーレイ&DVDの発売時期は未定(2018年1月8日時点)だが、発売の暁にはセリフの違いなどを事細かにチェックしてみるのもきっと面白いだろう(なお筆者が簡単に確認してみたところ、あの“助けて作戦”のくだりはそのまま記されている模様)。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』名言続出!タイカ・ワイティティ監督が製作の秘密を語る ― 「本編の8割アドリブ」の真実も

なお2017年に公開されたヒーロー映画では、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』や『LOGAN/ローガン』も英語脚本が全編公開されている。いずれも何度めかの鑑賞の際には、ぜひプリントアウトしたものをお手元に置きながら本編を楽しんでみてほしい。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の映画館にて公開された。

Source: http://comicbook.com/marvel/2018/01/08/thor-ragnarok-full-script-released-online/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。