『マイティ・ソー バトルロイヤル』物語の舞台はいつ頃か ― マーベル映画恒例、時系列問題に新証言

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画が公開されるたび、ファンの間で「この物語の時系列はいつなのか?」という話題が持ち上がるのは今や恒例となった。これまで「映画の公開年と劇中時間はほぼ一致している」という説が有力視されていたが、それが公式に否定されたのは『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)が公開された後のことである。

『スパイダーマン:ホームカミング』で持ち上がった「8年後問題」とは、『アベンジャーズ』(2012)ラスト直後のシーンから劇中の時間が現在へ移った際に「8年後」というテロップが表示されたことだ。もし『アベンジャーズ』が2012年の物語で、『スパイダーマン:ホームカミング』が2017年の物語なら、テロップは「8年後」ではなく「5年後」が正しいはず……。
しかしマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、ファンの間で起こった議論に対して「『この映画は2017年11月公開だから、2017年11月が舞台に違いない』という仮定があるかと思いますが、それは違うんです」述べたのである。

【8年後問題】『スパイダーマン:ホームカミング』時系列の謎は問題なし!マーベル・スタジオ、公式タイムラインをいずれ発表予定

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、「8年後問題」によってファンが騒然としたあと初めてのMCU作品だ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)以来スクリーンに登場してこなかったソーやハルクは、一体いつの時間を冒険しているのだろうか?

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル

©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

複雑化するマーベル映画の時系列

結論からいって、マーベル・スタジオ側は『マイティ・ソー バトルロイヤル』の正確な時系列を明かしていない。米メディアの取材に応じたプロデューサーのブラッド・ウィンダーバウム氏は、むしろ言葉を選びながら答えを“曖昧にしている”のである。

「この映画は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の5分後から始まるような映画ではありません。基本的には数年後が舞台の…うん、難しいですね。MCUのタイムラインでは出来事が重なり合っているんです、特にフェイズ3(編注:2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から2020年『アベンジャーズ』第4作まで)では。フェイズ1の『フューリーズ・ビッグウィーク』やほかの作品のように連動しているわけではないんです。だから(『マイティ・ソー バトルロイヤル』は)『シビル・ウォー』や『ホームカミング』以前、そのあたりですね。」

ブラッド氏が言及している『フューリーズ・ビッグウィーク』とは、コミック『アベンジャーズ:プレリュード フューリーズ・ビッグウィーク』(ShoPro Books刊)のこと。『インクレディブル・ハルク』(2008)、『アイアンマン2』(2010)、『マイティ・ソー』(2011)、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)の出来事はすべて1週間以内に起こったものだとして、その背景にいたニック・フューリーたちを描いたストーリーだ。

その一方、現在のマーベル・シネマティック・ユニバースは、作品同士の緊密な繋がりではなく全体に散りばめられた要素が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へいかに接続されるかということが重要視されているとみられる。その点でいえば、間違いなく『マイティ・ソー バトルロイヤル』にもなんらかの要素が用意されていることは明白だろう。

というわけで、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の時系列ははっきりとはわからない。しかしブラッド氏は、本作に至るまでソーが2年間の冒険を続けてきたことを明らかにしている。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以降、ソーは自分のすべき旅に出ており、それゆえ『シビル・ウォー』には登場しなかったというわけだ。したがって、「暇を持て余したソー」こと『チーム・ソー』は非正史作品という扱いなのだという。なるほど、暇を持て余すどころではなかったということか……。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の劇場で公開中。

Sources: https://screenrant.com/thor-ragnarok-mcu-movie-timeline/
https://screenrant.com/thor-3-ragnarok-thanos-infinity-stones/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • One 2017年11月4日 at 1:52 PM

    非正史作品ということはMCUの時系列や世界観には属していなくて、実際はただのコントのようなものだったと言うことなのでしょうか?

    Reply